ホーム > しわ・たるみのモニターさん » 脂肪増殖注射の症例

脂肪増殖注射の症例:記事一覧

脂肪増殖注射~fat proliferative injection (Upper lip and Marionette line)~上口唇・マリオネットライン 1

脂肪増殖注射で唇を厚くしたモニターさんです。下唇は厚くしたくないとのことで、その分はマリオネット・ラインに注射しました。

LIPP1.JPGのサムネール画像 LIPPA1.JPGのサムネール画像

脂肪増殖注射~fat proliferative injection (Upper lip )~上口唇・マリオネットライン 2

唇の構造は、粘膜のすぐ下に薄い脂肪層があり、その下には筋肉があります。この筋肉によって、唇は自由自在に形を変えることができ、いろいろな口元の表情の、一つの要素となります。

LIPP2.JPGのサムネール画像 LIPPA2.JPGのサムネール画像

脂肪増殖注射~fat proliferative injection (Upper lip and Marionette line)~上唇・マリオネットライン 3

唇に脂肪注入をする場合ですが、この部分は、脂肪の吸収が多い場所です。

LIPP3.JPGのサムネール画像 LIPPA3.JPGのサムネール画像

脂肪増殖注射~fat proliferative injection (Upper lip and Marionette line)~上唇・マリオネットライン 4

細かいことですが、上唇が年齢とともに痩せてくると、唇が細くなるばかりでなく、唇と皮膚の境界線がぼやけます。ぼやけるというよりも、シャープさを失うといったほうがいいでしょうか?

LIPP4.JPGのサムネール画像 LIPPA4.JPGのサムネール画像

脂肪増殖注射~fat proliferative injection (Upper lip and Marionette line)~上唇・マリオネットライン 5

年齢とともに出てくる顔面の変化は、たるみという風に表現され、一般的には皮膚の下がりという意味合いで使用されることが多いのが現状です。

LIPP5.JPGのサムネール画像 LIPPA5.JPGのサムネール画像

脂肪増殖注射で、こめかみと頬の前面を若返り 1

脂肪増殖注射を、こめかみと頬の前面(目の下からゴルゴ線)に行ったモニターさんです。

2010_1128_013519AB.JPGのサムネール画像 2010_1207_015310AA.JPGのサムネール画像

脂肪増殖注射で、こめかみと頬の前面を若返り 2

成長因子には、たくさんの種類があります。そして、その一つ一つが有効に働く濃度も違います。

2010_1128_013646AB.JPGのサムネール画像 2010_1207_015326AA.JPGのサムネール画像

脂肪増殖注射で、こめかみと頬の前面を若返り 3

脂肪増殖注射でシミがうすくなったり、シワが浅くなったりする理由については、はっきりとした理由は分かっていません。

2010_1128_013822AA.JPGのサムネール画像 2010_1207_015416AA.JPGのサムネール画像

脂肪増殖注射で、こめかみと頬の前面を若返り 4

脂肪増殖注射の効果の一つに、タルミの改善があります。

2010_1128_013849AA.JPGのサムネール画像 2010_1207_015427AA.JPGのサムネール画像

脂肪増殖注射で、こめかみと頬の前面を若返り 5

「青筋」と言うものをご存じだと思います。怒った時に、主に、こめかみに出る、青筋のことです。

2010_1128_013857AA.JPGのサムネール画像 2010_1207_015501AA.JPGのサムネール画像

脂肪増殖注射で、頬の前面の若返り 1

「若い時には、ほっぺにたこ焼きができるのがいやでした。でも、それが若々しさの象徴だったのですね。」と語っていたモニターさんです。

2010_1219_021215AA.JPGのサムネール画像 2011_0115_220410AA.JPGのサムネール画像

脂肪増殖注射で、頬の前面の若返り 2

人間の顔は、年齢とともに、脂肪のつき方が変化します。一般的には、年齢を重ねるごとに、体重が一定であっても、人間の顔は皮下脂肪が少なくなってきます。

2010_1219_021239AA.JPGのサムネール画像 2011_0115_220425AA.JPGのサムネール画像

脂肪増殖注射で、頬の前面の若返り 3

しかし、顔面の肉付きが良くない場合には、ホウレイ線の上や口の横の肉を取り除くと、余計に皮膚の余りを作ってしまう形となり、いわゆるタルミを増強させてしまいます。

2010_1219_021256AA.JPGのサムネール画像 2011_0115_220440AA.JPGのサムネール画像

頬の前方の脂肪増殖注射で、若々しくプルンとした印象に 1

何となく、顔のたるみとやつれが気になり始めたということで、脂肪増殖注射を頬の前面と目の下にかけて受けたモニターさんです。

2011_0205_052951AA.JPGのサムネール画像 2011_0214_010136AA.JPGのサムネール画像

頬の前方の脂肪増殖注射で、若々しくプルンとした印象に 2

脂肪増殖注射は、注射したところの脂肪組織を増殖させる働きがあります。

2011_0205_053011AA.JPGのサムネール画像 2011_0214_010151AA.JPGのサムネール画像

頬の前方の脂肪増殖注射で、若々しくプルンとした印象に 3

「脂肪増殖注射」と言うと、よく「脂肪注入」の手術と間違えられます。

2011_0205_053018AA.JPGのサムネール画像 2011_0214_010201AA.JPGのサムネール画像

頬の前方の脂肪増殖注射で、若々しくプルンとした印象に 4

どうして、脂肪増殖注射で脂肪組織を増殖させ、分厚くできるのでしょうか?それは、脂肪組織が、脂肪細胞だけでできているわけではないことが、その理由です。

2011_0205_053039AA.JPGのサムネール画像 2011_0214_010219AA.JPGのサムネール画像

頬の前方の脂肪増殖注射で、若々しくプルンとした印象に 5

このように、注射をするだけで、その他の手術的な処置が不要なのにもかかわらず、脂肪組織を増やすことができる脂肪増殖注射なのですが、一つだけ、欠点があります。

2011_0205_053049AA.JPGのサムネール画像 2011_0214_010233AA.JPGのサムネール画像

脂肪増殖注射(頬、ホウレイ線、こめかみ)

頬・ホウレイ線・こめかみの3か所に脂肪増殖注射を受けたモニターさんです。

2011_0116_050928AA.JPGのサムネール画像 2011_0614_055101AA.JPGのサムネール画像

脂肪増殖注射(頬、ホウレイ線、こめかみ)2

脂肪を増加させるには、従来の方法の場合には、脂肪を採取してきて、それを増加させたいところに注射する、脂肪注入と言う手術が一般的です。

2011_0116_050949AA.JPGのサムネール画像 2011_0614_055133AA.JPGのサムネール画像

脂肪増殖注射(頬、ホウレイ線、こめかみ)3

脂肪増殖注射についてですが、この方法は、成長因子(細胞増殖因子)を使用する方法ですので、まず、成長因子(細胞増殖因子)を集めることが必要になります。

2011_0116_051012AA.JPGのサムネール画像 2011_0614_055154AA.JPGのサムネール画像

脂肪増殖注射(頬、ホウレイ線、こめかみ)4

高価な成長因子(細胞増殖因子)を使用する脂肪増殖注射ですが、脂肪吸引が不要なこと以外にも、次のような利点があります。

2011_0302_023842AA.JPGのサムネール画像 2011_0614_055056AA.JPGのサムネール画像

脂肪増殖注射で手のアンチエイジング 1

手のアンチエイジングとして、手の甲と指に脂肪増殖注射を行ったモニターさんです。手の甲がふっくらとして、さらに白く変化しているのがわかると思います。

 

脂肪増殖注射で手のアンチエイジング 2

さらに、これが手の場合には一番大切なことなのですが、脂肪増殖注射は、指や手の動きに対して邪魔をすることがありません。したがって、ピアニストや指先の細かい作業を必要とする職業の方にも、気軽に処置を受けていただくことができます。

 

脂肪増殖注射で手のアンチエイジング 3

脂肪増殖注射の術後は、脂肪注入とは違って、3時間ほど手を洗うのを控えていただければ、その他の生活制限はありません。それは、脂肪を採取してくる必要がないため、脂肪吸引を行ったところのケアが不要なことと、注射するときの針が非常に細いため、すぐに針穴が塞がってしまうためです。また、術後の腫れもほとんどなく、施術直後からそれなりのふっくら感を感じつつ、それが落ち着くとともに、脂肪の増殖が得られ、完成の域に到達していきます。

 

脂肪増殖注射で手のアンチエイジング 4

脂肪増殖注射の成分的なものは、脂肪を増殖させる各種の成長因子を配合し、それらを注射したところに留まってゆっくりと作用させるように調整したものです。

 

脂肪増殖注射 頬 1

脂肪増殖注射で、頬の側面と前方をふっくらさせたモニターさんです。かなりのたるみを伴っていますので、基本的にはフェイスリフトの手術が最も効果のある症例です。

 

脂肪増殖注射 頬 2

顔面に限らず、人体の美容的な老化の要素としては、大きく分けて、筋力の低下・皮下脂肪の減少と位置の下垂・皮膚のタルミ、という3つがあります。それらの中で、顔面に関して大きな要素を占めているのが、皮下脂肪の減少と位置の下垂・皮膚のタルミの二つです。

 

脂肪増殖注射 頬 3

そこで脂肪増殖注射では、脂肪細胞の増殖だけでなく、脂肪組織内の細胞外マトリックスを強化できるように、各種の成長因子(細胞増殖因子)を配合しています。

 

脂肪増殖注射 頬 4

脂肪増殖注射は脂肪注入とは違い、脂肪吸引で脂肪を取ってきて注射するものではなく、成長因子(細胞増殖因子)を注射して、脂肪組織を増やしたいところの脂肪を成長(増殖)させるものです。

 

脂肪増殖注射で目の下のクマとゴルゴ線の改善 1

頬の前方に脂肪増殖注射を行い、目の下のクマとゴルゴ線を同時に治療できた、モニターさんです。

2012_0711_043904AA.JPG 2012_1014_022338AA.JPG

脂肪増殖注射で目の下のクマとゴルゴ線の改善 2

脂肪増殖注射は、従来の脂肪注入とは異なり、脂肪を入れてその体積で盛り上げると言ったモノではありません。

2012_0711_043918AA.JPG 2012_1014_022438AA.JPG

脂肪増殖注射で目の下のクマとゴルゴ線の改善 3

脂肪増殖注射の実際の手順は、以下のようになります。

2012_0711_043946AA.JPG 2012_1014_022537AA.JPG

頬の前方に脂肪増殖注射 1

脂肪増殖注射を、頬の前面に注射したモニターさんです。いわゆる「ゴルゴ線」など、頬の前面の老化現象の解決のためです。

2011_1214_234532AA.JPG 2012_0310_231943AA.JPG

頬の前方に脂肪増殖注射 2

頬の前面の部分の脂肪は、若い時には「タコ焼き」などと言って、その年代では嫌がられることが多いと言えます。

2011_1214_234542AA.JPG 2012_0310_231953AA.JPG

頬の前方に脂肪増殖注射 3

若い時には、目尻の下の部分を大きく摘めば、そのに「タコ焼き」のような丸みができて、それを嫌がるのは、ある程度自然なことです。

2011_1214_234559AA.JPG 2012_0310_231901AA.JPG

頬の前方に脂肪増殖注射 4

では、この、目尻と鼻翼(小鼻)の一番下の部分を結んだ線よりも内側の脂肪が萎縮して、皮膚とともに垂れ下がった状態を、どうやって改善するかということになります。

2011_1214_234632AA.JPG 2012_0310_232012AA.JPG

頬の前方に脂肪増殖注射 5

そこで脂肪増殖注射なのですが、これは、ヒアルロン酸注射のような手軽さで、顔面の脂肪の増量が図れます。

2011_1214_234606AA.JPG 2012_0310_231922AA.JPG

頬から目の下にかけて脂肪増殖注射の症例写真 1

頬全体と目の下に脂肪増殖注射を行ったモニターさんの症例写真です。頬の前方からと目の下にかけてと、頬の側面の、合計2か所分の処置です。

2011_0705_174215AA.JPG 2011_0803_190511AA.JPG

頬から目の下にかけて脂肪増殖注射の症例写真 2

脂肪増殖注射の有利な点は、脂肪注入とは違い、脂肪を採取するプロセスである脂肪吸引が不要なことです。

2012_0502_170705AA.JPG 2012_0704_170550AA.JPG

頬から目の下にかけて脂肪増殖注射の症例写真 3

脂肪増殖注射の、脂肪注入と比較してのメリットは、脂肪吸引を必要としないことが最大のものです。

2012_0502_170728AA.JPG 2012_0704_170628AA.JPG

頬から目の下にかけて脂肪増殖注射の症例写真 4

脂肪増殖注射のデメリットとして、即効性がないことを挙げましたが、この即効性のなさを、むしろメリットとして感じている患者さんもいます。

2012_0502_170817AA.JPG 2012_0704_170654AA.JPG

脂肪増殖注射(頬前・ホウレイ線・口横) 1

頬の前方とホウレイ線、及び口の横から頬の側面にかけて、脂肪増殖注射を行ったモニターさんの症例写真です。
 
2014_0125_191336AA.JPG 2014_0313_192806AA.JPG
 

脂肪増殖注射(頬前・ホウレイ線・口横) 2

脂肪増殖注射の手順については、PRPの手順とほぼ同じものです。注射液の成分と、それを注射する層(深さ)が違うだけです。
 
2014_0125_191406AA.JPG 2014_0313_192820AA.JPG
 

脂肪増殖注射 (頬前・ホウレイ線・口横) 3

脂肪増殖注射の術後経過は、大きな腫れを伴うこともなく、比較的早期に社会復帰が可能です。
 
2014_0125_191428AA.JPG 2014_0313_192827AA.JPG
 

脂肪増殖注射(頬前・ホウレイ線・口横) 4

顔面の皮下脂肪と言うのは、原則的に、年齢とともに減少していくと言われています。
 
2014_0125_191445AA.JPG 2014_0313_192844AA.JPG
 

脂肪増殖注射(頬前・ホウレイ線・口横) 5

このような、老化による顔面の皮下脂肪の変化は、様々な老化のサインを、より顕著に表面に表すようになる一つの要素と言うことができます。
 
2014_0125_191513AA.JPG 2014_0313_192838AA.JPG
 

脂肪増殖注射 (頬前・ホウレイ線・口横) 6

他の手術や処置と同じく、脂肪を増やすというときにも、それぞれの部位に見合った注意すべき事項と言うのが存在します。
 
2014_0125_191528AA.JPG 2014_0313_192900AA.JPG
 

脂肪増殖注射 (頬前・ホウレイ線・口横) 7

額やコメカミから皮下脂肪が減少すると、元々皮下脂肪層が薄く、筋肉層も薄い箇所であるため、骨格や血管が目立ってきます。
 
2014_0125_191604AA.JPG 2014_0313_192917AA.JPG
 

脂肪増殖注射 (頬前・ホウレイ線・口横) 8

頬の場合も、そこから皮下脂肪層がなくなると、やはり老けた印象になってしまいます。
 
2014_0125_191623AA.JPG 2014_0313_192932AA.JPG
 

脂肪増殖注射 (頬前・ホウレイ線・口横) 9

唇とその周辺に関しても、老化とともに皮下脂肪が減少していく傾向が観察されます。
 
2014_0125_191646AA.JPG 2014_0313_192946AA.JPG
 

脂肪増殖注射 (頬前・ホウレイ線・口横) 10

唇と同時に、よく観察されるのは、ホウレイ線の延長部分のような、口元のしわです。
 
2014_0125_191817AA.JPG 2014_0313_193001AA.JPG
 

脂肪増殖注射 (頬前・ホウレイ線・口横) 11

若々しい顔貌というのは、このように俯瞰的に考えると、その脂肪の付き方と言うものに大きく左右される面があるということができます。
 
2014_0125_191912AA.JPG 2014_0313_193013AA.JPG
 

1