ホーム > 脂肪吸引・プラズマリポ・脂肪溶解注射のモニターさん » プラズマリポの症例

プラズマリポの症例:記事一覧

ヒップのプラズマリポと、しわの位置を変更してヒップアップした写真 1

ヒップアップとその形の改善を目的として、プラズマリポを受けたモニターさんの症例写真です。

2014_0604_003027AA.JPG 2014_0703_003916AA.JPG

ヒップのプラズマリポと、しわの位置を変更してヒップアップした写真 2

こちらの写真のモニターさんで、プラズマリポと同時に行っている、ヒップと太ももの間のしわの位置を変える手術は、非常に有用な方法だと自負しています。

2014_0604_003043AA.JPG 2014_0703_003924AA.JPG

ヒップのプラズマリポと、しわの位置を変更してヒップアップした写真 3

プラズマリポと同時に行った、ヒップと太ももの間のしわの位置を変える手術とは、具体的には、そのしわの位置を上に持ってくる手術です。

2014_0604_003054AA.JPG 2014_0703_003930AA.JPG

ヒップのプラズマリポと、しわの位置を変更してヒップアップした写真 4

そうすると、ヒップアップを希望する場合に、プラズマリポを使用したほうがいいのか、脂肪吸引を行ったほうがいいのかという疑問が、湧いてくるかもしれません。

2014_0604_003104AA.JPG 2014_0703_004103AA.JPG

ヒップのプラズマリポと、しわの位置を変更してヒップアップした写真 5

このような、ヒップと太ももの間のシワの位置を変更する処置と、プラズマリポの組み合わせは、バストに対しても応用できます。

2014_0604_003114AA.JPG 2014_0703_003949AA.JPG

肩から二の腕にかけての症例写真 1

肩から二の腕にかけて、プラズマリポを受けたモニターさんの症例写真です。

2009_0709_000612AA.JPG 2009_1013_062511AA.JPG

肩から二の腕にかけての症例写真 2

肩の部分の脂肪吸引については、脂肪層が比較的薄いのと同時に、その構造に特徴があります。

2009_0709_000631AA.JPG 2009_1013_062523AA.JPG

肩から二の腕にかけての症例写真 3

このような、他の部分よりも硬くてしっかりした肩の皮下脂肪組織なのですが、これは人体の構造として、合目的的な構造です。

2009_0709_000648AA.JPG 2009_1013_062533AA.JPG

肩から二の腕にかけての症例写真 4

そこで肩の部分の脂肪吸引をしようと言うことになるのですが、それが、これまでの一般的な脂肪吸引では巧くいきませんでした。

2009_0709_000714AA.JPG 2009_1013_062552AA.JPG

肩から二の腕にかけての症例写真 5

そこで、肩の脂肪吸引は細いカニューレを使用することが、最低条件となります。

2009_0709_000728AA.JPG 2009_1013_062610AA.JPG

肩から二の腕にかけての症例写真 6

このように、肩の脂肪吸引には、高いスキルと、カニューレの選択をはじめとした、細心の注意を払う必要があります。

2009_0709_000814AA.JPG 2009_1013_062635AA.JPG

肩から二の腕にかけての症例写真 7

プラズマリポは、このように腕に対してだけではなく、肩の皮下脂肪に対しても、結果の安定した脂肪除去を提供できます。

2009_0709_000828AA.JPG 2009_1013_062659AA.JPG

太ももとヒップにプラズマリポ 1

太ももとヒップに対して、プラズマリポを施行したモニターさんの症例写真です。

2014_0604_003145AA.JPG 2014_0910_051827AA.JPG

太ももとヒップにプラズマリポ 2

年齢による体型の変化というものには、一定の法則のようなものがあります。

2014_0604_003153AA.JPG 2014_0910_051851AA.JPG

太ももとヒップにプラズマリポ 3

このような、年齢とともに発生してくる下半身太りと言う症状についても、脂肪がつきやすいある一定の部分と言うのが存在します。

2014_0604_003202AA.JPG 2014_0910_051639AA.JPG

太ももとヒップにプラズマリポ 4

太ももの外側の上方においても、やはり脂肪組織の滑落と、筋肉や骨格の働きが関係しています。

2014_0604_003210AA.JPG 2014_0910_051914AA.JPG

太ももとヒップにプラズマリポ 5

このような状態を、欧米では俗に「乗馬ズボン変形(horse riding trousers deformity)」と言います。

2014_0604_003220AA.JPG 2014_0910_051710AA.JPG

太ももとヒップにプラズマリポ 6

太ももの内側に関しても、やはり上から下方向にかけて、皮下脂肪が下がってくるという現象がみられます。

2014_0604_003239AA.JPG 2014_0612_002141AA.JPG
 
2014_0703_004132AA.JPG 2014_0910_051554AA.JPG

太ももとヒップにプラズマリポ 7

膝の内側の皮下脂肪については、やはり太ももを太く見せてしまうばかりか、脚線の老化を感じさせてしまう要素の一つとも言えるでしょう。

2014_0604_003247AA.JPG 2014_0910_051611AA.JPG

太ももとヒップにプラズマリポ 8

このように、太ももの外上方、内側、膝の内側と言うのは、脚線と言うことを考えた時、年齢による変化が感じられやすいところであるということです。

2014_0604_003257AA.JPG 2014_0910_051731AA.JPG

1