ホーム > バストのモニターさん  »  バスト・グロウの症例写真 > バスト・グロウW 3回施行 4

バスト・グロウW 3回施行 4

バスト・グロウをはじめとして、いわゆる組織の成長という、再生医療的治療においては、その中心を担う細胞は、限定されています。
 
20150120_112043.JPG 20150227_103638.JPG
 
20150410_103504.JPG 20150512_103755.JPG
 
20150707_104154.JPG
 

再生医療においてその中心を担うのは、幹細胞と呼ばれる細胞です。この幹細胞と言うのは、いろいろな組織の細胞の元になる細胞のことです。幹細胞は体内のどの組織にも分布しており、それらが障害を受けた時に、その再生を司る細胞です。したがって、再生能力の強い肝臓などの臓器組織に多く分布しているとされていますが、これがやはり、バストにも存在します。幹細胞の特徴、つまり他の細胞との違いは、いろいろな種類の細胞に分化するという多能性とともに、その自己複製能力にあります。これは、幹細胞が他の細胞へと分裂・分化しても、幹細胞が底をついてなくなってしまうことがないと言うことです。したがって、理論的には、組織の修復は無限に行われることになり、幹細胞を利用した治療では、時間や処置回数を問わないならば、ほぼ完全な組織の修復が可能であると言うことができます。バスト・グロウは、このような幹細胞の働きを利用して、豊胸効果を獲得する治療法です。


関連記事

  1. バスト・グロウF 13セット 1

    バスト・グロウFを13回受けて、巨乳化。

  2. バスト・グロウW 3回施行 5

    幹細胞から成熟した細胞までの、細胞の分化・成長を促す形の豊胸術であるバスト・グロウは、完全に自分の組織で豊胸効果を達成する豊胸術である。

  3. バスト・グロウW 3回施行 4

    幹細胞の自己複製能力・分化分裂能力を利用した豊胸術が、バスト・グロウとバスト・グロウWである。

  4. バスト・グロウW 3回施行 3

    バスト・グロウでもバスト・グロウWでも、その効果は回数に比例するわけではなく、二次関数的な効果の出現をみる。

  5. バスト・グロウW 3回施行 2

    バスト・グロウWには、通常のバスト・グロウの2倍の成長因子が使用されているため、1回の処置の効果は大きい。

  6. バスト・グロウW 3回施行 1

    元々のバストサイズが小さい場合には、大きな豊胸効果を獲得するためには、ある程度の処置回数を重ねる必要がある。

  7. 脂肪注入との併用 5

    脂肪注入の大量注入が、術後のしこり発生の大きな原因。バスト・グロウをWPRPF幹細胞併用脂肪注入に併用することで、それを防ぐことができる。

  8. 脂肪注入との併用 4

    バストへの脂肪注入の際には、注入する脂肪の一塊をできるだけ小さくして、バラバラに注入するという、丁寧な手技が、しこりの発生を防ぐ。

  9. 脂肪注入との併用 3

    脂肪注入による豊胸術は、必ずしこりが発生するかのような、間違った情報が出回っている。しかし、しこりの発生は防止できる。

  10. 脂肪注入との併用 2

    バスト・グロウを脂肪注入と併用することで、脂肪の注入量を抑えることができ、手術そのもののリスクも低減させることができる。

  11. 脂肪注入との併用 1

    バスト・グロウの前にWPRPF幹細胞併用脂肪注入を行っておくことは、反応する細胞を増加させておくという効果があり、バスト・グロウの効果を増強する。

  12. バスト・グロウW 5回を終了して3か月後 5

    健康的な日常生活を心がけ、ダイエットは行わず、バストには刺激を加えることが、バスト・グロウWの効果を増強する。

  13. バスト・グロウW 5回を終了して3か月後 4

    バスト・グロウの豊胸効果は、処置回数に比例するのではなく、むしろ2次関数的に発現する。

  14. バスト・グロウW 5回を終了して3か月後 3

    バスト・グロウWの豊胸効果は、術後約2か月かけてゆっくりと出現してくる。

  15. バスト・グロウW 5回を終了して3か月後 2

    麻酔を2段構えで行い、痛みのある成長因子の注射もシャットアウト。ほとんど痛みを感じることはない。

  16. バスト・グロウW 5回を終了して3か月後 1

    バスト・グロウWの処置の際には、クリームによる麻酔と注射による麻酔の、2段構えでの麻酔を行い、成長因子の注射の痛みをほぼ完全になくしてしまう。

  17. バスト・グロウW 5回目 5

    機械的刺激による豊胸効果については、既にBravaというもので実証されている。BravaはFDA承認済みの医療器具。

  18. バスト・グロウW 5回目 4

    バスト・グロウの術後には、バストに対して機械的刺激を加えたほうが、豊胸効果は大きくなる。

  19. バスト・グロウW 5回目 3

    バスト・グロウ術後は、ダイエットをせず、健康的な生活を続け、体重を一定に保つことが大切。

  20. バスト・グロウW 5回目 2

    バスト・グロウWは、成長因子の配合を従来の2倍にしたものだが、成長因子のバストでの滞留時間も、それに合わせて調整してある。

  21. バスト・グロウW 5回目 1

    細胞外マトリックスの中に対する、成長因子の動態をコントロールするのが、バスト・グロウのノウハウでもある。

  22. バスト・グロウW 4回目 5

    細胞外マトリックスの働きを整理すると、造形・物質供給・物質除去・環境保持・保護作用、と言うことになる。

  23. バスト・グロウW 4回目 4

    iPS細胞による豊胸術もできる可能性はあるが、まだまだ当分先の話となる。費用も莫大なものが予想されるため、現実的にはバスト・グロウが、最も実用的。

  24. バスト・グロウW 4回目 3

    バスト・グロウにおいては、乳腺ではなく、乳腺周囲の皮下脂肪層における、成長因子の薬物動態の把握がキーポイント。

  25. バスト・グロウW 4回目 2

    再生医療も、臨床医学として患者さんの治療に応用されているのは、ほんの氷山の一角で、それらは膨大な基礎医学の知見によって支えられている。

  26. バスト・グロウW 4回目 1

    各種成長因子、及びそれらの、各種細胞外マトリックス内での、経時的な動態を知っておくことが、バスト・グロウ成功の条件。

  27. バスト・グロウW 3回目 5

    細胞外マトリックスの、創傷治療への応用の変遷。豚の皮膚から実際の人体臓器や、もっと汎用性のあるマトリックスの使用まで。

  28. バスト・グロウW 3回目 4

    細胞外マトリックスの働きは、細胞の分化・分裂の調整を通じて組織の増殖に重要な働きを及ぼしているが、それらは既に臨床応用がなされている。

  29. バスト・グロウW 3回目 3

    毛髪治療の場合には、ある種の成長因子が多すぎると、逆に脱毛が始まるが、豊胸の場合には、バストが小さくなってしまうことはない。

  30. バスト・グロウW 3回目 2

    バスト・グロウWは、これまでのバスト・グロウの2倍量の成長因子が含まれている。それらの成長因子の、組織内濃度を低下させないノウハウが必要。

  31. バスト・グロウW 3回目 1

    バストの成長に適した種類と量の成長因子を、それらに適した箇所に注射することが必要。

  32. バスト・グロウW 2回目 5

    バストの成長には、ホルモンによる刺激とともに、その刺激を受け取る側のバストの組織に、成長因子を補う必要がある。

  33. バスト・グロウW 2回目 4

    ホルモンや成長因子に反応して組織の増量に関与できるのは、幹細胞と前駆細胞のみ。それぞれの組織を構成する分化の最終段階に到達した細胞ではない。

  34. バスト・グロウW 2回目 3

    ホルモンの働きは、細胞表面のレセプターと成長因子を介して発揮されるため、これらがを補ってやるのが、バスト・グロウの一つの治療原理でもある。

  35. バスト・グロウW 2回目 2

    ホルモン量が全体的に低下している思春期以降では、ネガティヴ・フィードバックは、敏感には働かない。

  36. バスト・グロウW 2回目 1

    全体的なホルモン分泌が減少した状態と言うのは、そのフィードバック機能も低下しているので、ホルモンの補充による副作用はない。

  37. バスト・グロウW 1回目 5

    バスト・グロウの治療法は、バストを思春期の状態に近くしてやることで、成長を促して豊胸効果を得ることであるとも言える。

  38. バスト・グロウW 1回目 4

    バスト・グロウWには、通常のバスト・グロウとの比較で、2倍の成長因子が含まれている。

  39. バスト・グロウW 1回目 3

    幹細胞の自己複製能力が、次のバスト・グロウの効果をさらに高める原因となっている。

  40. バスト・グロウW 1回目 2

    幹細胞の分裂・分化に沿って、バストの成長が促され、その結果、豊胸効果が発生する。

  41. バスト・グロウW 1回目 1

    バスト・グロウWは、通常のバスト・グロウの2倍の成長因子が含まれている。効果は通常のバスト・グロウよりも大きい。

  42. バスト・グロウWを2回の症例写真 5

    バスト・グロウの特徴を、利点と欠点を中心にしてまとめると、その従来の豊胸術との違いがよく解る。

  43. バスト・グロウWを2回の症例写真 4

    何かを入れて、その体積で豊胸効果を獲得するという、従来の豊胸術とは違って、バストグロウの豊胸効果は、ゆっくりとしたものになる。

  44. バスト・グロウWを2回の症例写真 3

    あくまでも、印象に過ぎないが、バストグロウの処置を受けた後は、授乳時のような乳房マッサージを行ったほうが、効果が高いようである。

  45. バスト・グロウWを2回の症例写真 2

    バスト・グロウWの手順は、これまでのバスト・グロウと基本的には変わらない。きちんと麻酔を行ってから、処置を行う。

  46. バスト・グロウWを2回の症例写真 1

    どんな検査をしても豊胸の痕跡さえ残らない、全く新しい豊胸術のバスト・グロウ。そして、バスト・グロウWは、其の成長因子を2倍にした強化版。

  47. バストグロウ6回施行した症例写真(順次経過)5

    バスト・グロウによる豊胸術には、即効性はないが、1回目よりも2回目、2回目よりも3回目と、回数を重ねるごとに、豊胸効果の出方は大きくなる。

  48. バストグロウ6回施行した症例写真(順次経過)4

    バスト・グロウによる豊胸術の手順と、当日の状態について。術後にはガーゼを貼るが、当日の入浴の際には自分で外してしまえる。

  49. バストグロウ6回施行した症例写真(順次経過)3

    豊胸効果に即効性の無いバスト・グロウだが、これが一つの利点として、ファッション・芸能関係者には人気がある。

  50. バストグロウ6回施行した症例写真(順次経過)2

    バスト・グロウにも、欠点はある。一つは、豊胸効果に即効性が無いこと。2つ目は、術後約10日から2週間後に、ホルモンの影響で生理が来るということ。

  51. バストグロウ6回施行した症例写真(順次経過)1

    どんな検査をしても、豊胸の痕跡さえ残らない、自分のバストを成長させるコンセプトのバストグロウ。そのバスト・グロウの、他の豊胸処置と比較しての利点。

  52. バスト・グロウ~どんな検査をしても、全く痕跡すら残らない豊胸注射

    バストグロウの専門サイト