ホーム > バストのモニターさん » 乳房縮小・吊り上げの症例

乳房縮小・吊り上げの症例:記事一覧

バスト 乳房縮小 脂肪吸引(Liposuction)1

20代前半の女性のモニターさんです。

 

バスト 乳房縮小 脂肪吸引(Liposuction)2

前回の記事の、 20代前半の女性のモニターさんです。

 

乳房縮小術~内視鏡手術とプラズマリポで、Gカップが、目立たない傷で垂れ下がらずにDカップに 1

慢性的な肩コリとそれから来る頭痛、猫背、満員電車での痴漢・・・それらに耐えきれず、手術を決心したモニターさんです。年齢は20歳。欧米人の巨乳とは違い、乳腺の大きさが主原因の乳房肥大です。したがって、脂肪吸引やその他の脂肪を除去する方法では、まったく無意味な手術となってしまいます。従来の、乳腺を切除する手術法を説明したのですが、やはり、乳輪の周囲とそこから下に伸びる垂直の傷跡には、どうしても抵抗がありました。そこで、乳房の減量効果は落ちるものの、目立たない乳房下の傷だけから行える、この方法を提案し、承諾いただきました。
術前のブラのカップはGカップで、術後はDカップと、3カップのサイズダウンに成功し、満員電車での痴漢はどうなったかは知りませんが、そのほかの症状は解消されました。

向かって上段左が、Gカップあった術前の状態。上段右が術後1ヶ月目。下段が術後4カ月

 

乳房縮小術~内視鏡手術とプラズマリポで、Gカップが、目立たない傷で垂れ下がらずにDカップに 2

術前の乳房の状態を、もう少し詳しく述べます。乳腺の発育に、皮膚が追いつかない状況が続いたことが確認できました。つまり、乳房には無数のストレッチマーク(妊娠線)があり、特に乳輪から鎖骨にかけては、その数が多いのが観察されていたためです。また、その部分にストレッチマーク(妊娠線)が多いということは、乳房の重さもかなりなもので、それによって皮膚が伸ばされてしまっていて、重さがなくなっても、そのままでは再び皮膚が元通りに縮むことはないと言うことでもあります。そんな状況で、乳房の体積だけを小さくすると、皮膚が大きく余って、バストは垂れ下がり、乳頭が下を向いた、無残な形になってしまいます。
そこで、乳腺を一部切除して乳房を小さくするとともに、皮下にはプラズマリポを照射して、皮膚を
縮めることにしました。プラズマリポには、脂肪を溶かす作用だけでなく、真皮にプラズマ光線が効率よく作用して、皮膚をちぢめる作用があります。この作用は、切らないフェイスリフトとして、顔面にも用いられる技術です。

上段向かって左から、術前・術後。下段は術後4カ月

 

乳房縮小術~内視鏡手術とプラズマリポで、Gカップが、目立たない傷で垂れ下がらずにDカップに 3

前述のように、内視鏡での手術の切開創は、乳房下のシワに沿った部分のみです。そこから、幅約6cmにわたって、頂点が乳頭のところに来るようにして、乳腺を扇形に切除しました。ちょうど、クリスマスケーキをカットする感じです。そして、残った部分の断端同士を縫合して、形を整えました。
術後の乳腺の状態は、乳頭を頂点とした円錐形になるようにしたわけです。結果、下垂した乳房は、前方に突き出した形に変化しました。その後、やはり内視鏡下で、形を整えた乳腺の裏側を、大胸筋の筋膜に縫合して、釣りあげました。これにより、鎖骨の下の部分の皮膚にかかる、乳腺の重量を大胸筋に分散させることになり、プラズマリポでの皮膚の縮みを最大限に発揮させることができます。また、乳腺が垂れ下がることも防止できます。

同じく、写真は順に、術前、術後1カ月、術後4カ月

 

乳房縮小術~内視鏡手術とプラズマリポで、Gカップが、目立たない傷で垂れ下がらずにDカップに 4

内視鏡を使用して、乳腺の底面を上に引き上げてますので、術後、しばらくの間は、プラズマリポによる皮膚の縮みが追いつかず、少し乳頭が下を向きます。1ヶ月目の写真で、乳頭が下を向いてしまったように見えるのは、そのためです。しかしそれも、4ヶ月目の写真から分かる通り、プラズマリポで皮膚が縮みはじめると、通常の、乳頭が前に向いた形に変化してきます。
実際、鎖骨の中心点から乳頭までの距離は、術後4カ月で、術前よりも約2cm短縮しています。

 

乳房縮小術~内視鏡手術とプラズマリポで、Gカップが、目立たない傷で垂れ下がらずにDカップに 5

乳房の構造は、脂肪層の中に、単純に乳腺が浮いているのではありません。乳腺は、乳腺膜という、非常に薄い膜で取り囲ませています。その膜からは、クモの巣のように、靭帯が四方八方に伸びています。その終点は、下は肋間筋や大胸筋の筋膜、内側は頬骨付近の大胸筋の筋膜、外側は前鋸筋の筋膜、上は鎖骨付近の大胸筋の筋膜から広頚筋(首の皮膚直下の薄い膜状の筋肉)です。この靭帯は、薄い膜状の構造物で、通常の解剖学の教科書には、省略されて掲載されていません。手術中でも、肉眼で確認するのは困難なほどです。
乳房・バストが垂れ下がるのは、皮膚の伸びとともに、この靭帯の伸びが大きく影響しています。この靭帯を伸ばしてしまう原因としては、
1)急激な体重増加による脂肪層の増量
2)乳腺の巨大化による、支える重量の増加
3)運動不足
4)加齢・老化
などがあります。特に、乳腺の巨大化による重量増加は、上のほうの靭帯を伸ばしてしまいやすいため、乳腺が萎縮すると、乳頭が下を向いた、形の悪いバストになってしまうことが多い原因です。
今回の手術は、この、伸びてしまった上の方の靭帯を、内視鏡を使った、乳腺の大胸筋への縫合で補強して、形を整えたという具合です。

 

乳房縮小術~内視鏡手術とプラズマリポで、Gカップが、目立たない傷で垂れ下がらずにDカップに 6 おまけ

乳房肥大の患者さんは、バストに左右差がある方が比較的多いのも特徴です。このモニターさんも、術前は左がかなり大きく、その状態で体のバランスをとっていたため、軽度の脊椎側弯症も発症していました。術後は未だその癖が抜けず、左肩を挙げてしまいます。しかし、術後1ヶ月目よりも4ヶ月目のほうが、左右の肩の高さが揃ってきているので、早晩、これも解決し、脊椎側弯症も治癒する見込みです。

写真は、摘出した乳腺と、術後4ヶ月目の傷跡です。テーピングの跡の赤みが残っていますが、これは2~3日で消失します。


 

乳房縮小・吊り上げ術 その1

年齢は30代半ば。結婚前は、巨乳ブームに乗って、雑誌のグラビアにも少しだけ登場していたというモニターさんです。その当時はHカップあったそうです。出産して、授乳後に少しづつサイズが無くなっていったのと、それに伴って下垂(垂れ下がり)が酷くなったことで、手術を決心されました。
しかし、やはり乳輪からアンダーバストにかけての、縦に入る傷跡には抵抗がありました。そこで、比較的皮膚が柔らかく、柔軟性のある肌質で、色白であることから、この、乳輪からの乳房縮小・吊り上げ術を提案しました。この方法は、縦の傷が入る方法と比較すると、吊り上げ効果はやや落ちるのが現状ですが、傷を少なくするための方法としては非常に価値があります。

 

乳房縮小・吊り上げ術 その2

このような、傷が少ない、乳輪周囲からだけの乳房縮小・吊り上げ術ですが、適応には大きな制限があります。その中で最大なものは、皮膚の性質です。
乳輪周囲を切開して、皮膚を切除することが、この手術の第一歩のプロセスです。この場合、乳頭側が内側、そして、切除した皮膚側が外側になります。そうすると、内側の円周は、当然、外側の円周よりも短い状態です。この短い円周に、長い円周を縫合しなければならないわけです。そうすると、傷の外側にはギャザー(しわ)ができる形になります。皮膚に弾力性があり、よく伸び縮みするのであれば、このギャザーは、術後3カ月から6カ月すると自然に消失します。しかし、硬い皮膚で、あまり伸び縮みしないのであれば、このギャザーは定着したままとなります。ギャザーが定着すると、これを治療するには、もう一度切開して、ギャザーを切り取り、切開線を細かくジグザグに縫い合わせることが必要になります。

Dsc1024.jpgのサムネール画像 DSCF1931.JPGのサムネール画像

乳房縮小・吊り上げ術 その3

また、皮膚の伸び縮みがよくない場合には、傷の仕上がりもよくありません。糸をしっかりとかけて皮膚を引き寄せておいても、どうしても慢性的に傷を開く方向に力が働きます。数カ月すると、傷が拡がりはじめ、太く盛り上がった、肥厚性瘢痕という状態になることもあります。こうなると、酷い場合には、傷にかゆみや痛みを伴い、いわゆるケロイド化といったことも起こりえます。

Dsc1025.jpgのサムネール画像 DSCF1932.JPGのサムネール画像

では、「この手術を受けたら、自分はどうなのだろうか?」と思うかもしれません。元来、この手術は、欧米で開発されたものです。したがって、傷が比較的きれいに治癒してしまう白人にこの手術を行うことは、そんなに大きなリスクを伴うものではありません。専門の美容外科医に受診してみるのが一番確実で速いのですが、簡単に、自分で判断できる基準みたいなものはないのかと、考えるでしょう。そこで、私自身の、一応の判断基準の一部を紹介しておきます。

乳房縮小・吊り上げ術 その4

1)皮膚が薄いこと
皮膚は弾力性があり、いわゆるゴムのようなものだと考えるといいでしょう。細いゴムは、弱い力でもしっかりと伸びます。また、しっかりと伸ばされると、ふたたび縮む力を失います。同じように、薄い皮膚はよく伸び、ふたたび縮む力を失ってしまいやすいため、傷を開く向きに力が働きにくく、肥厚性瘢痕になることも少ないと言えます。乳房の皮膚から、静脈が透けて見えているような状態まで皮膚が薄いと、ほぼ、大丈夫だと言えます。

Dsc1026.jpgのサムネール画像 DSCF1933.JPGのサムネール画像

乳房縮小・吊り上げ術 その5

2)色白であること
皮膚の色は、メラニンの含有量によって決定されます。正常の皮膚には、メラニンを作る働きのある、メラニン細胞というものが備わっています。しかし、傷の組織には、このメラニン細胞がありません。したがって、通常、半年ほどすると、最初は赤みがあったり、茶色をしていた傷は、白くなります。すると、もし、皮膚の色が濃い場合、この傷は周囲の皮膚の色とは全く違った色になり、目立ちます。具体的には、乳輪と周囲の皮膚の間に、白い輪っかができた状態になるのです。ここで、色白の方の場合には、この白い傷と、皮膚との境目が目立たないというわけです。

Dsc1027.jpgのサムネール画像 DSCF1934.JPGのサムネール画像

欧米で、白人のために開発されたこの手術ですが、有色人種の国で開発されなかったのは、やはり、皮膚の性質の差から、奇麗な仕上がりが得られなかったからではないかと予想されます。幸いにして、日本人の場合には、皮膚の性質がバラエティーに富んでおり、この手術の適応となる方も、少なからず存在します。もし、この手術を希望する場合には、術前の皮膚の状態を、しっかりと確認し、担当医のアドバイスに従い、手術に踏み切る必要があります。

乳房縮小・吊り上げ術 乳輪からだけのアプローチ 1

切開創は乳輪周囲のみのモニターさんです。年齢的には40代後半なのですが、皮膚の弾力性と伸展性が白人並みにある状態なのと、元々のバストの形が、この方式に適していたため、切開創を乳輪周囲のみに限定することができました。
乳房の縮小については、あまり多くの組織の切除をしていません。それは、乳房の体積そのものはそんなに大きくなく、ブラジャーのカップが、乳房の部分だけでフィットされており、カップの上方はかなり大きな隙間があったためです。バストを吊りあげた結果、乳房の体積が上のほうに来たため、バストの下部の体積は減少し、上部の体積が増加しました。その結果、ブラのカップは2カップ下がったのですが、術前にはかなりたくさん存在した、カップの上方の隙間が改善されました。

DSCF3909.JPGのサムネール画像 Dsch0357.jpgのサムネール画像

乳房縮小・吊り上げ術 乳輪からだけのアプローチ 2

ブラジャーのカップについては、メーカーやブラジャーのタイプによって、その大きさとしての呼び方は様々です。たとえば、同じ人が様々なメーカーで様々なカップの大きさを着用したときに、あるメーカのブラジャーではBカップなのに、ほかのメーカーではCカップ、そして、同じメーカーのブラジャーにもかかわらず、あるタイプのものではCカップなのに、あるタイプではDカップ、などと言うことは、ざらにあります。つまり、同じ大きさのバストであっても、その形によって、カップの大きさは有に1から2カップ違うのが当たり前なのです。
こちらのモニターさんでは、術前に、バストの上のほうのボリュームが少ない場合には、特にその傾向が強く、実際の乳房体積以上に大きなカップサイズとなっていることが多い傾向にあります。その場合、乳房のつり上げで、バストの下のほうから上のほうにボリュームを変化させるだけで、カップサイズが1から2カップ変化します。実際には、1から2カップ、カップサイズな減少するのです。

DSCF3912.JPGのサムネール画像 Dsch0361.jpgのサムネール画像

乳房縮小・吊り上げ術 乳輪からだけのアプローチ 3

乳輪だけから手術する、この方法は、以前にもお伝えした通り、手術の適応が限られています。まとめると、以下の2つの項目が大切になります。

1)皮膚が薄いこと
2)色白であること

そして、元々のバストの形も、重要な要素です。乳房の形を考えるときに、座った状態で、横からや正面からの形を考えがちです。もちろん、現状の、垂れ下がったり大きすぎたりといったことは、これらの方向からの形で判断します。しかし、この、乳輪周囲だけから手術が可能かどうかといった、手術適応の検討に関しては、そういうわけにはいきません。それは、この手術では、乳輪周囲の皮膚を切り取り、内側の切開線と外側の切開線を縫い合わせるため、これらの切開線の長さの差が少ないことが、手術適応を決定するために重要なことになるからです。したがって、この場合には、切開予定線を決定したら、一度、深くお辞儀をした状態になってもらいます。実際には、胸板を真下に向け、乳頭が一番低い位置にくるようにし、乳輪周囲の内側切開線と、外側の切開線の長さを比較してみるのです。その際、切開線同士の長さの差が少ない場合には、この手術のよい適応となるのです。具体的には、胸板を真下に向けたときに、バストが円錐形に近い状態になれば、この手術の適応と考えていいでしょう。

DSCF3913.JPGのサムネール画像 Dsch0362.jpgのサムネール画像

プラズマリポでバスト(乳房)の縮小と吊り上げ 1

プラズマリポ・ドレナージで乳房の縮小と吊り上げを行ったモニターさんです。左右差の修正もかねての手術です。未婚で出産経験もなく、当然、授乳経験もない状態の若い女性ですので、バスト自体には傷をつけたくないとのことで、本人の希望により、プラズマリポ・ドレナージでの手術を選択しました。
2011_0803_135444AA.JPGのサムネール画像 2011_1122_170213AA.JPGのサムネール画像

プラズマリポでバスト(乳房)の縮小と吊り上げ 2

プラズマリポの効果は、皮下脂肪を溶かしてなくすという、脂肪吸引的な効果だけではありません。確かに、ファイバーの先端から照射されるプラズマ光は、他のレーザー機器とは違って、先端から360度方向に進行するため、脂肪を溶解する力は非常に大きなものがあります。
2011_0803_135455AA.JPGのサムネール画像 2011_1122_170244AA.JPGのサムネール画像

プラズマリポでバスト(乳房)の縮小と吊り上げ 3

バストの構造は、乳腺が脂肪の中に浮かんでいる構造になっています。そして乳腺は乳管によって乳頭と接続されていて、その他の部分はクーパー靭帯という靭帯組織が袋のような形になって、脂肪とともに取り囲み、周囲を筋肉に接続させています。
2011_0803_135507AA.JPGのサムネール画像 2011_1122_170258AA.JPGのサムネール画像

プラズマリポでバスト(乳房)の縮小と吊り上げ 4

大きなバストは垂れ下がりやすいというのは、このようにクーパー靭帯の伸びが原因の一つです。しかし、元々はあまり大きくなくても、垂れ下がってくる原因があります。
2011_0803_135520AA.JPGのサムネール画像 2011_1122_170324AA.JPGのサムネール画像

プラズマリポでバスト(乳房)の縮小と吊り上げ 5

妊娠・出産に伴うバストの垂れ下がりは、その防止策はなかなか現実的なものを提示するのは難しいのですが、肥満については自己管理によって防止することができます。
2011_0803_135532AA.JPGのサムネール画像 2011_1122_170338AA.JPGのサムネール画像

バストの吊り上げ・縮小と左右差修正 with Plasmalipo 1

プラズマリポで、小規模なバストの縮小と吊り上げを行ったモニターさんです。左右差もできるだけ修正しました。

2011_1115_140026AA.JPG 2012_0303_130407AA.JPG

バストの吊り上げ・縮小と左右差修正 with Plasmalipo 2

バストの下垂に関して、比較的多いケースとしては、授乳後の下垂というものがあります。

2011_1115_140103AA.JPG 2012_0303_130527AA.JPG

バストの吊り上げ・縮小と左右差修正 with Plasmalipo 3

もうひとつ、比較的多いバストの下垂の原因は、激やせ後の下垂です。

2011_1115_140115AA.JPG 2012_0303_130546AA.JPG

バストの吊り上げ・縮小と左右差修正 with Plasmalipo 4

3番目としては、巨乳の下垂です。

2011_1115_140138AA.JPG 2012_0303_130432AA.JPG

バストの吊り上げ・縮小と左右差修正 with Plasmalipo 5

このようにバストは、下垂の原因によって、その構成要素に与える影響がそれぞれ異なっています。

2011_1115_140148AA.JPG 2012_0303_130505AA.JPG

1