ホーム > 二重瞼のモニターさん » 眼瞼下垂の症例

眼瞼下垂の症例:記事一覧

切らない眼瞼下垂修正術(眼をパッチリと大きく) Blepharoptosis

「はっきりとした、くっきり二重」希望の、20代前半のモニターさんです。
術前は、眼の開きが弱いため、眉毛を上昇させて目を開く癖がありました。
そのため、通常の切開法では傷が目立ち、DST(ダブルクイックツイスター)をはじめとする埋没法では、くっきりとした二重は望めません。

術前の状態。眉を挙げる癖のため、睫毛と眉毛の距離が遠いのが分かると思います。

切らない眼瞼下垂修正術(眼をパッチリと大きく)3ヶ月後 Blepharoptosis

切らない眼瞼下垂手術のモニターさんの術後3カ月です。

こちらは術前の状態

切らない眼瞼下垂修正術(眼をパッチリと大きく)2 Blepharoptosis

無切開眼瞼下垂修正術のモニターさんです。年齢は20代前半。

軽度の眼瞼下垂をWPRPFで治療

軽度の後天的な腱膜性下垂のモニターさんです。軽度の眼瞼下垂であっても、肩コリと頭痛に悩まされていて、検査の結果、陽性反応があったため、診断に至りました。腱膜性下垂とは、瞼を開く筋肉の一部が、加齢やコンタクトレンズの装用、外傷などによって、伸びたり断裂したりしている眼瞼下垂のことです。
従来であれば、このような軽度の症状であっても、腱膜性下垂の場合には、二重瞼の切開法の手術に準じた瞼の切開が必要でした。しかし、強力な再生力を持ったWPRPFによって、瞼の切開を行わず、注射処置のみで治療が可能です。
 
WPRPFで治療できるのは、眼瞼下垂の中でも、後天性の腱膜性下垂で、軽度なものだけです。先天性下垂や、後天性でも重症な眼瞼下垂は、治療効果が望めません。

挙筋腱膜短縮法(眼瞼下垂修正)で、ぱっちりとハーフのような目元になったモニターさんの症例写真

もう、すっかりおなじみになった、挙筋腱膜短縮法(眼瞼下垂修正)です。こちらのモニターさんは、術後、髪を金髪にしたら、元来色白なので、本当にハーフに間違えられるようになったということです。

2007_1202_014907AA.jpg

2008_0410_050641AA.jpg

1