ホーム > 目頭切開のモニターさん

目頭切開のモニターさん:記事一覧

目頭切開

目頭切開です。

術前                            手術のデザイン
 

目頭切開 medial canthoplasty 1ヶ月目

目頭切開モニターさんの術前と術後1ヶ月目です。

 

目頭切開 Medial canthoplasty 1

目頭切開は、鬼門の手術と言う噂が、インターネット上でも拡がっているようです。しかし、きちんと術後の状態を理解し、適切な手術を受ければ、目もとのバランスを整える上で、非常に有効な手段でもあるのです。

すなわち、
1)目頭を切開することで、逆に目元のバランスを崩してしまうことがないか?
2)もしものときには、元に戻せる手術なのかどうか?
3)術後の傷跡は、どのような残り方をして、どのように目立たなくなっていくのか?

最低、以上の3点については、しっかりと理解した上で手術に臨みましょう。
以下は、術前と術後1ヶ月後の写真です。傷の赤みは、まだ、お化粧で隠す必要があります。
因みに、こちらのモニターさんは、元に戻すことのできる方法で手術しています。

 

目頭切開 Medial canthoplasty 2

目頭切開とは、読んで字のごとく、目頭の蒙古襞という、東洋人独特の襞を切開することです。方法によっては、切開するだけでなく、切除(切り取ること)を伴うことがあります。この切除する面積が大きければ大きいほど、元に戻したいときには困難を伴います(戻せないものではありませんが)。

その主な効果は、
1)襞が切開されることによって、目と目の間が狭くなる
2)二重瞼の内側の、下向きの引っ張りがなくなり、内側の幅が広くなる。
3)切開した分、目の横幅が広くなる。
などです。

手術法については、主なものは、
1)単純切開・切除
2)Z法
3)W法
4)トランスポジション法
などがあります。
当院では、4)のトランスポジション法を主に用います。
それは、
1)切除が必要なく、元に戻したいときには比較的簡単に元に戻せる。
2)目頭をどれだけ開くかの調節が楽である。
3)術後の傷を、二重瞼の線に隠しやすい。
という理由からです。

術後、約3カ月後の写真です。傷はほとんど分からなくなりました。

 

目頭切開 Medial canthoplasty 経過写真

こちらのモニターさんは、幼少時の交通事故により、顔面の瘢痕が、額から右目(向かって左側)の目頭を経過して、頬の中央にまで達しています。瘢痕形成手術は、やはり何年も前に受けています。しかし、成長に伴って、右目の目頭が、傷のために下に引っ張られてきてしまい、目の左右差が目立ってきた状態です。
このような状態の場合、左右を同じ術式で手術を行うと、左右差は無くなりません。そこで、右目は、傷による引っ張りを解放するために、Z形成術を応用した方法で、右目はトランスポジション法と言って、目頭にフラップ(皮弁)を作って、蒙古襞を鼻のほうに移動させる術式をとりました。

術前の状態です。

2010_1103_121144AA.JPGのサムネール画像

手術直後。縫合した糸はほとんど見えない状態です。

2010_1103_125142AA.JPGのサムネール画像

手術翌日です。一般的に、このときが一番腫れている時期です。

2010_1104_185705AA.JPGのサムネール画像

手術3日目。やはり、以前の傷のある右目には、内出血が出てきましたが、お化粧で隠せるレベルです。ここからは、腫れが急速に退いていきます。

2010_1106_175610AA.JPGのサムネール画像

術後6日目の抜糸直後。ここからは、お化粧で傷を隠します。

2010_1109_125336AA.JPGのサムネール画像

術後4週間目。傷はまだ、お化粧でカバーする必要がありますが、楽にカバーできるようになっています。目の横幅と、目と目の間の距離がほぼ等しくなり、バランスのとれた目元になりました。

2010_1201_121509AA.JPGのサムネール画像

目頭切開 Medial canthoplasty 経過写真

こちらのモニターさんは、幼少時の交通事故により、顔面の瘢痕が、額から右目(向かって左側)の目頭を経過して、頬の中央にまで達しています。瘢痕形成手術は、やはり何年も前に受けています。しかし、成長に伴って、右目の目頭が、傷のために下に引っ張られてきてしまい、目の左右差が目立ってきた状態です。
このような状態の場合、左右を同じ術式で手術を行うと、左右差は無くなりません。そこで、右目は、傷による引っ張りを解放するために、Z形成術を応用した方法で、右目はトランスポジション法と言って、目頭にフラップ(皮弁)を作って、蒙古襞を鼻のほうに移動させる術式をとりました。

術前の状態です。

2010_1103_121144AA.JPGのサムネール画像

手術直後。縫合した糸はほとんど見えない状態です。

2010_1103_125142AA.JPGのサムネール画像

手術翌日です。一般的に、このときが一番腫れている時期です。

2010_1104_185705AA.JPGのサムネール画像

手術3日目。やはり、以前の傷のある右目には、内出血が出てきましたが、お化粧で隠せるレベルです。ここからは、腫れが急速に退いていきます。

2010_1106_175610AA.JPGのサムネール画像

術後6日目の抜糸直後。ここからは、お化粧で傷を隠します。

2010_1109_125336AA.JPGのサムネール画像

術後4週間目。傷はまだ、お化粧でカバーする必要がありますが、楽にカバーできるようになっています。目の横幅と、目と目の間の距離がほぼ等しくなり、バランスのとれた目元になりました。

2010_1201_121509AA.JPGのサムネール画像

1