顎を短く+セットバック後の顎のくぼみ修正 2

基本的に顎を短くする手術は、「中抜き」と呼ばれる手術法が一般的です。この方法は、顎の骨を切り取ったところにスペースができてしまわないように、顎先の筋肉などは顎先の骨にくっつけたまま、顎の骨の本体と顎先の部分の中間の骨を切り取り、その後、本体と顎先を繋ぐ手術です。
 


顎の骨の本体と顎先の骨片は、昔はステンレス製のワイヤーを使用して繋いでいたのですが、これではMRI検査の妨げになるため、抜去する手術を受ける必要がありました。しかし最近は、チタン製のワイヤーを使用しますので、特に抜去手術を受ける必要はなくなりました。しかしながら、この中抜き手術は、どの方向にどれくらい顎を短くするかという、症例によっての自由度が限られています。具体的には、平均して上下方向に約7㎜、前後方向には約5㎜位が、一般的な限度と言えるでしょう。その理由としては、顎先の骨片にある程度の大きさがないと、十分な筋肉などの軟部組織をくっつけておくことができないため、相対的に、その上の部分の切り取る骨片も、大きさが限られてくるということです。これはまた、顎の骨の本体には、神経や歯根が存在し、これらを傷つけたり切断したりしないで骨片を切り取らなければならないことも関与しています。もし、神経を切断した場合には、唇周辺の感覚がなくなってしまいます。また、歯根を切断してしまった場合には、前歯が「失活」と言って死んでしまった状態になり、最悪の場合には全て抜け落ちてしまうことになります。

2 Replies to “顎を短く+セットバック後の顎のくぼみ修正 2”

  1. k より:

    女性的な顎になりましたね。

  2. 一児の母 より:

    術後は(言い方忘れてしまいましたが)キレイな横顔のラインですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。