ふくらはぎにボトックスを注射して美脚 2

ボトックスは元々、筋肉の緊張を緩めるために開発された注射薬です。眼瞼痙攣や筋性斜頸などの治療に使用されていました。
2012_0812_115644AA.JPG 2012_0911_162549AA.JPG


ボトックスの作用は、筋肉に繋がっていて、筋肉を縮める指令を出す神経と、筋肉そのものの間をブロックします。神経が筋肉に対して、筋肉を縮める指令を送る時には、神経の末端からアセチルコリンという物質を出します。そのアセチルコリンを、筋肉が受け取って、筋肉が縮むのです。筋肉がアセチルコリンを受け取るところを、アセチルコリン・レセプターと言います。ボトックスは、このアセチルコリン・レセプターに結びつくことで、筋肉が、神経の末端から放出されたアセチルコリンを受け取れなくします。そうすると、神経が筋肉を縮めようとしても、筋肉が縮むことがなくなり、いわゆる麻痺した状態になるのです。しかし、大きな筋肉を完全にマヒさせるには、大量のボトックス製剤が必要になりますので、通常の使用量では、筋肉を緩めるといった作用と考えたほうがいいでしょう。