ふくらはぎにボトックスを注射して美脚 3

美容外科・美容整形領域では、ボトックスが使用され始めたのは、顔面のシワを伸ばすという用途でした。
2012_0812_115701AA.JPG 2012_0911_162600AA.JPG


顔面のしわには、表情によってできるシワと、表情に関わりなくできているシワがあります。ボトックスが使用される前までは、どちらもフィラー(コラーゲンやヒアルロン酸)で治療していました。しかし、表情でできるシワは、シワの溝の深さが注射の針よりも細かったり、フィラーで盛り上げても、次の瞬間に表情によって折り曲げられ、なかなか満足のいく結果が得られませんでした。それがボトックスの登場によって、シワの発生する箇所が折り曲げられることがなくなり、浅いものなら、そのまま皮膚の回復力によって消失し、深いものでも、フィラーとの併用によってしっかりと治療できるようになりました。