イントラセル ニキビ跡・たるみ・シワ・美白 術後6カ月 1

イントラセルを1回だけ照射した処置の術後、半年経過したモニターさんです。イントラセルは、極細の針の先から、RF(高周波電流)を、真皮の中に流すことで、皮膚の再生を行う器械です。同じくRFを使用する器械である、サーマクールやポラリスなどと違い、皮膚の内部にRFを直接流すため、皮膚の奥深くまで効果を得ることができます。そうすることで、深いニキビ跡や、しわ・たるみなどにも効果が大きく、その効果は術後約半年かけて、徐々に増強していきます。さらに、皮膚の代謝が上昇することから、美白効果も同時に得られます。
皮膚の中からRFを照射することによって、皮膚の表面を焼くことがありません。つまり、皮膚の表面からRFを流すよりも、強力なRFを照射できますので、現在のところ、その効果は、どのRF機器よりも強力です。また、ハンドピースには、サーマクール同様に、冷却装置が付属していますので、針そのものが高温になることもありません。つまり、皮膚の火傷を防止しつつ、しかも、強力な出力によって、効果を出すことができるのです。
2010_0104_045920AB.JPGのサムネール画像 2010_0810_221422AB.JPGのサムネール画像
額のシワとTゾーンのテカリ、さらにニキビ跡の改善が顕著です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。