イントラセル ニキビ跡・たるみ・シワ・美白 術後6カ月 2

現在、イントラセルと紛らわしい、やはり針を皮膚に刺入して、RF(高周波)を出す器械があります。これらも、たしかに真皮の深いところにRF(高周波)を照射するという点だけは、イントラセルと同じです。しかし、イントラセルと比較すると、針が太いことと、その針が絶縁されていないため、針先から針の根元まで、全ての深さにわたってRF(高周波)が発振されます。これはどういうことかと言うと、皮膚の表面までも、RF(高周波)に曝されると言うことです。皮膚に限らず、人体組織はRF(高周波)に曝されると、タンパク凝固を起こし、それが皮膚の深いところでなく、浅いところで発生すると、火傷になります。太い針でこのようなことが発生すると、その火傷の程度も非常に重症化します。つまり、火傷を起こさずに、強いRF(高周波)を、絶縁されていない太い針で皮膚の深いところに送り込むことは不可能であると言うことです。したがって、これらの器械は、火傷のリスクが高いだけでなく、強力なRF(高周波)を皮膚の深いところに送り込むことが困難であるということで、火傷を起こさせないようにするには、皮膚の改善を得られるほどの出力のRF(高周波)を出せません。
2010_0104_045943AB.JPGのサムネール画像 2010_0810_221509AB.JPGのサムネール画像
術後は約6ヶ月目の写真。頬とコメカミのニキビ跡が浅くなり、頬のタルミの改善により、頬から首にかけての影が薄くなっています。さらに、美白効果も得られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。