イントラセル ニキビ跡・たるみ・シワ・美白 術後6カ月 3

それに対してイントラセルは、針が非常に細いことと、それらの針が全て絶縁加工が施してあります。絶縁加工が施してあることで、皮膚の浅いところにはRF(高周波)が照射されず、火傷を防止します。そして、真皮の深いところのみにRF(高周波)が照射されるため、強い出力での照射が可能になり、より強い効果を出すことができます。
しかし、RF(高周波)は、人体に照射すると、そこに熱を発生します。それが、何回もの多数回に及ぶと、照射する元である針やチップが加熱し、高温になってきます。そうすると、いくら針を絶縁加工していても、やはり火傷の原因となります。そこで、イントラセルには、ハンドピースに冷却装置が付いているわけです。このハンドピースの冷却装置が、針やチップの加熱を防ぎ、火傷を防止します。つまり、イントラセルは、針の絶縁と冷却装置の2重の安全対策をしっかりと行っているからこそ、強力なRF(高周波)を、皮膚の奥深くまで送り込むことができるのです。
2010_0104_050002AB.JPGのサムネール画像 2010_0810_221528AB.JPGのサムネール画像
術後半年目には、にきびあとの改善と同時に、美白効果やたるみに対する引き締め効果が顕著に出てきます。

One Reply to “イントラセル ニキビ跡・たるみ・シワ・美白 術後6カ月 3”

  1. Boomer より:

    YMMD with that asnewr! TX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。