エラから顎の横にかけての輪郭形成 4

エラの手術とともに、最近は、顎の幅を狭くする手術を同時に受ける方が増加しています。
20130302221053.JPG 20130604042705.JPG


この理由についてですが、昭和後期から平成生まれの方が、いわゆる美容整形年齢に到達しているからだと思われます。昭和後期から平成時代にかけて生まれた方々は、それまでと違って、全身的に骨格に違いがあるように思えます。基本的に、手足が長く、顔が小さい傾向にあるということです。それに伴って、いわゆる、美しいと思われる顔面の輪郭と言うのも変化したようです。つまり、小顔は勿論のことですが、その中でも顔面の下三分の一の幅が狭く、顎が小さく尖っているというものです。実際に、その世代のアイドルや女優などを見ると、人気があるのは、やはりそのような顔面の下三分の一の幅が狭い人が多いように思えます。また、理想を好きな形で表現できる素材としてのアニメを見れば、ヒロインは例外なくそのような輪郭です。平成の時代ではなく、平安時代なら下膨れの輪郭がアイドルの条件だったかもしれませんが、やはり今は、そういった状況ではありません。