エラから顎の横にかけての輪郭形成 5

では、顔面の下三分の一の幅が小さく、尖った顎にするには、多くの場合、どのような手術の適応になるかということです。
20130302221104.JPG 20130604042659.JPG


それは、やはり、エラの付近からその前の部分にかけてと、顎の先の両サイドまで、顎の骨を削るという形になります。またその際に、骨を取り除く方向として、現在では、外板切除というテクニックを使用することが多くなりました。下顎の骨は、手足の骨と同じく、カルシウムが豊富で硬い骨皮質に囲まれるようにして、骨髄がその中に入っている構造です。そしてその骨皮質のうち、舌の方に面している骨皮質を内板、頬の方に面している骨皮質を外板と言います。したがって、この外板と言う部分が、顔の下三分の一の幅を構成していることが多いのです。つまり、外板を切除することによって、エラや顎の幅を小さくする手術の効果を、もう一歩強くすることができるということです。それは、エラの部分だけではなく、顎先の両サイドについても言えることで、この外板切除を加えることによって、より細い輪郭を形成することが可能になったのです。