ヒップのプラズマリポと、しわの位置を変更してヒップアップした写真 1

ヒップアップとその形の改善を目的として、プラズマリポを受けたモニターさんの症例写真です。
2014_0604_003027AA.JPG 2014_0703_003916AA.JPG


方法としては、ヒップの下の部分にプラズマリポと脂肪吸引を施し、太ももの外側にもプラズマリポを行っています。さらに、ヒップと太ももの間のしわの位置を挙上する手術を、行っています。術前は何となく横に拡がっていて、垂れ下がったような印象のある状態でしたが、術後はそれらが改善して、ヒップアップにも成功しています。これらの結果は、プラズマリポの脂肪除去の作用と同時に発生する、皮膚を引き締める作用によるものが、大きな要素として作用しています。そして、ヒップと太ももの間のしわの位置を変える手術によって、少々足が長く見えるようにもなっています。
実際の手術の組み立てとしては、ヒップ下部の皮下脂肪組織は減少させ、上部から中部については、プラズマリポは主に皮膚の引締めを目的として使用しています。このようなデザインを行うことで、ヒップの後ろ方向への張り出しは確保され、下垂した下部の脂肪は取り除かれるというわけです。また、太ももの外側については、この部分の横方向への張り出しが、ヒップの形を悪く見せている大きな要素であるため、やはり皮下脂肪を取り除き、形を良くします。さらに、ヒップと太ももの間のしわの位置を変える手術を加えることで、より、ヒップアップ効果とヒップの張りを出しています。