ヒップのプラズマリポと、しわの位置を変更してヒップアップした写真 3

プラズマリポと同時に行った、ヒップと太ももの間のしわの位置を変える手術とは、具体的には、そのしわの位置を上に持ってくる手術です。
2014_0604_003054AA.JPG 2014_0703_003930AA.JPG


自分のヒップを、横向きに鏡に映してみてください。そして、ヒップと太ももの間のしわの真ん中を、シワより1cmほど上を、人差し指の先で押さえてみてください。すると、ヒップの形が変化して、ヒップアップ効果が見られると思います。このように、指先で押さえたところにシワを作ってやるのが、この手術の原理です。実際の手術は、長さ約1㎝の切開を、計画したシワに沿って入れ、皮膚と臀部の筋膜を縫合します。切開の数は、それぞれの患者さんの皮膚の状態や希望によって、片方につき1から2か所となります。皮膚が薄くて弾力性が無い場合には、切開創は片方につき2か所。逆に皮膚が厚くて弾力性がある場合には、片方につき1か所で済みます。この手術は、ヒップと太ももの間のシワの位置を上に挙げる手術なのですが、もちろん、限界はあります。どこまでも高い位置にシワを設定することができるよ言う者ではありません。上昇幅は約1㎝が限界であると考えたほうがいいでしょう。また、ヒップの下部のプラズマリポや脂肪吸引とセットで行わないといけない手術です。それは、皮膚と筋膜を縫合するという関係上、それらの間に脂肪が大量についている場合には、縫合が外れてしまうためです。それを防止する方法は、その部分の脂肪を取り除いておく必要があるというわけです。