肩から二の腕にかけての症例写真 2

肩の部分の脂肪吸引については、脂肪層が比較的薄いのと同時に、その構造に特徴があります。
2009_0709_000631AA.JPG 2009_1013_062523AA.JPG


肩の皮下脂肪組織の構造上の特徴というのは、中に繊維が多く、外見上は硬い脂肪であるということです。脂肪組織と言うのは、脂肪細胞がいくつか集まって袋に包まれて粒になり、その粒がまたいくつか集まって袋に包まれて粒になるといったことを繰り返し、肉眼で見える脂肪の粒となります。そしてその袋が、大きなものになればなるほど、その厚みや強度を増し、脂肪組織全体では肉眼的に繊維として認識されるのです。肩の皮下脂肪組織にはこの繊維が多く、脂肪組織全体としてみると、他の脂肪組織、例えば下腹部などに比べて、硬いということができます。つまり、肩の皮下脂肪組織は、脂肪細胞を包んで脂肪組織を構成している袋の一つ一つが分厚くて、しっかりしているということです。