太ももとヒップにプラズマリポ 5

このような状態を、欧米では俗に「乗馬ズボン変形(horse riding trousers deformity)」と言います。
2014_0604_003220AA.JPG 2014_0910_051710AA.JPG


つまり、西洋の乗馬ズボンのように、太ももの外側が太くなって、横に張り出している状態を、そのものズバリと表現したものです。そして、元来、ヒップの大きさがあり、そこには当然のことながら皮下脂肪が分厚く乗っている西洋人女性の場合、このような太ももの外側への皮下脂肪の移動は、その皮膚の薄さと弾力性の無さと相俟って、顕著に出る傾向にあります。そして実際に、この部分の脂肪吸引を、ヒップと組み合わせて行う場合も多いようで、施設によっては、範囲的にヒップに含める形をとっているところもあるくらいです。日本人の場合には、さすがに欧米人のような大きな変形は来さないようですが、やはりこのような変形は発生してきます。つまり、脚線の変化というものです。