リップリフト 鼻下を短く・上唇を厚く 4

リフトと聞くと、やはりフェイスリフトの事を思い出し、傷の事が心配になるかもしてません。
2010_0822_160836AA.JPGのサムネール画像 2010_0928_191015AA.JPGのサムネール画像


たしかに、フェイスリフトもこのリップリフトも、切開して皮膚を切除することになるます。したがって、傷が全くないというわけではありません。また、傷は一度できると、まったく跡形なくなくすということはできません。細く目立たなくすることは可能です。たしかに、昔のフェイスリフトは、耳の前をまっすぐに切開していたため、傷がどうしても目立つことになっていました。現在のフェイスリフトは、耳の縁に沿って切開したり、頭髪の中だけで切開したりするため、傷が非常に目立たなくなっています。同じように、リップリフトの場合も、旧式の、小鼻の上方から反対側の小鼻の上方まで、鼻の周囲をぐるりと切開したり、唇と皮膚の間に切開線を作るものではありません。現在、他院では、この鼻の周囲をぐるりと1周切開する方法を行っているようです。しかし、この方法だと、たくさんの皮膚を切除した場合、術後1カ月目くらいには、鼻の穴の下の部分の傷が、唇に近づいてきて、正面から丸見えになってしまいます。これを防ぐためには、鼻の下の皮膚の切開創に、ひと工夫必要です。

2 Replies to “リップリフト 鼻下を短く・上唇を厚く 4”

  1. 匿名 より:

    やはり一番気になるのは、傷跡なので、少しでも目立たないとか少しで済む方がいいです。

  2. minami より:

    傷跡を目立たせなくするための手術デザインとして、鼻の隆起に合わせたデザインをします。これで、傷が目立たないようにできるわけです。

コメントは受け付けていません。