乳房縮小・吊り上げ術 その1

年齢は30代半ば。結婚前は、巨乳ブームに乗って、雑誌のグラビアにも少しだけ登場していたというモニターさんです。その当時はHカップあったそうです。出産して、授乳後に少しづつサイズが無くなっていったのと、それに伴って下垂(垂れ下がり)が酷くなったことで、手術を決心されました。
しかし、やはり乳輪からアンダーバストにかけての、縦に入る傷跡には抵抗がありました。そこで、比較的皮膚が柔らかく、柔軟性のある肌質で、色白であることから、この、乳輪からの乳房縮小・吊り上げ術を提案しました。この方法は、縦の傷が入る方法と比較すると、吊り上げ効果はやや落ちるのが現状ですが、傷を少なくするための方法としては非常に価値があります。
 

3 Replies to “乳房縮小・吊り上げ術 その1”

  1. 匿名 より:

    傷が目立たなくていいですね。こちらの方法であれば、抵抗なく手術が受けられそうです。

  2. appadaSoync より:

    levitra actor
    buy lasix no prescription
    propecia testimonies
    levitra website
    levitra cautions
    buy online lasix
    levitra per
    generick viagra
    i took two viagra

コメントは受け付けていません。