乳房縮小・吊り上げ術 乳輪からだけのアプローチ 3

乳輪だけから手術する、この方法は、以前にもお伝えした通り、手術の適応が限られています。まとめると、以下の2つの項目が大切になります。
1)皮膚が薄いこと
2)色白であること
そして、元々のバストの形も、重要な要素です。乳房の形を考えるときに、座った状態で、横からや正面からの形を考えがちです。もちろん、現状の、垂れ下がったり大きすぎたりといったことは、これらの方向からの形で判断します。しかし、この、乳輪周囲だけから手術が可能かどうかといった、手術適応の検討に関しては、そういうわけにはいきません。それは、この手術では、乳輪周囲の皮膚を切り取り、内側の切開線と外側の切開線を縫い合わせるため、これらの切開線の長さの差が少ないことが、手術適応を決定するために重要なことになるからです。したがって、この場合には、切開予定線を決定したら、一度、深くお辞儀をした状態になってもらいます。実際には、胸板を真下に向け、乳頭が一番低い位置にくるようにし、乳輪周囲の内側切開線と、外側の切開線の長さを比較してみるのです。その際、切開線同士の長さの差が少ない場合には、この手術のよい適応となるのです。具体的には、胸板を真下に向けたときに、バストが円錐形に近い状態になれば、この手術の適応と考えていいでしょう。
DSCF3913.JPGのサムネール画像 Dsch0362.jpgのサムネール画像

3 Replies to “乳房縮小・吊り上げ術 乳輪からだけのアプローチ 3”

  1. wmwsohffyjg より:

    6h7klT rrqtajqnmqiu, [url=http://kdndugglqsnl.com/]kdndugglqsnl[/url], [link=http://khngeciygofr.com/]khngeciygofr[/link], http://lvfenxxyvnin.com/

  2. 一児の母 より:

    垂れたバストは、その形やタイプによって、手術方法が分かれてくるんですね。
    たとえばですが、一番傷が大きくなる手術適応の方が一番小さな傷のタイプで手術を希望した場合、ある程度までは吊り上げは可能なのでしょうか?
    それとも、吊り上げ効果はほとんどないのでしょうか?

  3. minami より:

    ある程度までのつり上げは可能です。おおよその吊り上げ効果ですが、乳首の位置で言うと、乳輪周囲からの切開の場合には約2cm、一番大きな傷で手術した場合には、ほぼ無制限に吊り上げが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。