プラズマリポでバスト(乳房)の縮小と吊り上げ 4

大きなバストは垂れ下がりやすいというのは、このようにクーパー靭帯の伸びが原因の一つです。しかし、元々はあまり大きくなくても、垂れ下がってくる原因があります。
2011_0803_135520AA.JPGのサムネール画像 2011_1122_170324AA.JPGのサムネール画像


一つは肥満です。肥満することによって、クーパー靭帯の袋の中にある脂肪組織も大きくなります。そうすると、その袋を内部から慢性的に押し続けることになり、袋が伸びて大きくなります。さらに、バスト自体も重さが加わって来るため、クーパー靭帯の、袋と筋肉をつなげている部分も引き伸ばされてきます。
もう一つの原因は妊娠です。妊娠すると、乳腺が少しづつ大きくなり、授乳に対する準備が始まります。そのことは、やはり、肥満の時と同じように、クーパー靭帯の袋を大きくし、筋肉へのつながりの部分も重力によって引き伸ばす形となるのです。
これらの現象が発生した後、肥満の場合にはダイエットなどで体重を元に戻したときに、妊娠の場合には授乳が終了すると、以前の同じ体重の時や妊娠前よりもバストが垂れ下がってしまいます。

2 Replies to “プラズマリポでバスト(乳房)の縮小と吊り上げ 4”

  1. 一児の母 より:

    色々な原因が重なってバストが下がるんですね。

  2. dazzle より:

    これだけ効果があれば良いですね。

コメントは受け付けていません。