プラズマリポでバスト(乳房)の縮小と吊り上げ 5

妊娠・出産に伴うバストの垂れ下がりは、その防止策はなかなか現実的なものを提示するのは難しいのですが、肥満については自己管理によって防止することができます。
2011_0803_135532AA.JPGのサムネール画像 2011_1122_170338AA.JPGのサムネール画像


体重が増えることによって、バストの体積は増加し、バストは大きくなるのですが、その状態で喜んでいると、ダイエットで体重を絞った時に、肥満する前よりもバストが大きく垂れ下がってしまうという、大きなしっぺ返しを受けることになるということです。もし、健康体重を上回っていることで、健康のためにダイエット・減量をしなければいけない場合には、これはどうしてもそちらを優先するべきです。したがって、ダイエット後にバストが垂れ下がってしまったのであれば、この場合には、プラズマリポで手術を受けることは、一つの選択肢になると思われます。その他の選択肢としては、幹細胞・WPRPF併用脂肪注入で、やはり乳房体積を増やしてやることも考慮するといいでしょう。この場合には、体重を増やさず、維持するだけで、体重が増えた時のようなバストサイズを獲得できるという利点があります。しかし、バストのサイズを変えないか、あるいは小さくしたい場合には、プラズマリポがいい適応となります。

3 Replies to “プラズマリポでバスト(乳房)の縮小と吊り上げ 5”

  1. k より:

    吊り上げの改善には、様々な治療法があるんですね。

  2. dazzle より:

    女性のダイエットは、難しいですね。

  3. 一児の母 より:

    小さくても悩むし、大きくても悩みますね。

コメントは受け付けていません。