乳頭縮小術 Nipple reduction 1

乳頭の縮小術は、当院では比較的多い手術のうちの一つです。乳頭のサイズは、出産や授乳によって大きくなるばかりか、思春期のホルモン環境によっても、大きくなることがあります。出産や授乳によって大きくなるということは、裏を返せば、乳頭が大きいと、やはり年齢を感じさせてしまうという、厳しい現実があります。実際に、当院では、乳房・バストの若返りとしての位置づけで、この手術を希望される方が多いようです。
手術の方法は、高さ・直径・形などによって様々な方法があります。特に、これから授乳の機会が考えられるかどうかは、手術法の選択にとって、大きな要素となります。それは、乳頭は乳管(母乳を乳腺から外に分泌させる管)の集まりだからです。この乳管を塞いでしまっていいものかどうかは、これから授乳の機会があるかどうかによることは、容易にお分かりかと思います。
2010_0904_051908AB.JPGのサムネール画像 2010_1206_013756AA.JPGのサムネール画像

2 Replies to “乳頭縮小術 Nipple reduction 1”

  1. とくめいサン より:

    妊娠出産を経験している女性にとって、授乳後の乳首の大きさって非常に気にするところですもんね。

  2. minami より:

    最近は、再婚を考えている女性の相談も多いです。再婚活の前に、顔のアンチエイジングとともに、この手術を受ける方が急増しているといったところでしょうか?

コメントは受け付けていません。