乳頭縮小術 Nipple reduction 2

乳頭縮小術の手術方法の選択に際しては、乳管を塞ぐかどうかということの他に、「どのような形にしたいか」または、現在、どういった形をしているかといったことも、考慮しなければなりません。
乳頭の高さを低くしたい場合、乳頭の根元の皮膚を、木の皮を剥くようにして、切除します。そして、残った先端の部分を、根元に押し下げるような形で、縫合します。
乳頭の直径を小さくしたい場合には、いろいろな方法があります。まず、乳頭の根元の直径が大きく、形が円形の場合には、ホールのケーキからショートケーキを切り出すようにして、一部を切除して、切除した部分を縫い縮めます。根元の直径が小さい場合には、乳頭の高さを低くする方法で、直径は十分に小さくなります。また、乳頭が楕円形になっている場合には、乳頭の中央部分を切除し、両方にできた半円形の乳頭を、中央で縫い合わせます。
乳頭の高さも直径も、両方を小さくしたい場合には、上記の手術法を組み合わせて行います。
2010_0904_051920AB.JPGのサムネール画像 2010_1206_013852AA.JPGのサムネール画像