受け口手術と同時に、顎を細くした症例 4

受け口手術の実際の流れは、以下のようになります。
2012_0509_120236AA.JPG 2012_0809_120409AA.JPG


まず、来院していただくときには、検査時にお渡しした術前の注意事項に沿って、準備をしていただきます。その中には食事や水分の制限などと、当日の服装などのアドバイスも記載されています。そして、来院されたら、術前の事務手続きが終了次第、術前の状態の記録を撮って、手術室に入室します。手術室の中では、点滴のチューブを腕から確保し、全身麻酔をかけます。全身麻酔が効いてしまえば、あとは手術終了まで眠っている状態です。次に目が覚めた時には、手術が終了していて、リカバリールームのベッドの上で休んでいただきます。