軽度の眼瞼下垂をWPRPFで治療

軽度の後天的な腱膜性下垂のモニターさんです。軽度の眼瞼下垂であっても、肩コリと頭痛に悩まされていて、検査の結果、陽性反応があったため、診断に至りました。腱膜性下垂とは、瞼を開く筋肉の一部が、加齢やコンタクトレンズの装用、外傷などによって、伸びたり断裂したりしている眼瞼下垂のことです。
従来であれば、このような軽度の症状であっても、腱膜性下垂の場合には、二重瞼の切開法の手術に準じた瞼の切開が必要でした。しかし、強力な再生力を持ったWPRPFによって、瞼の切開を行わず、注射処置のみで治療が可能です。
 
WPRPFで治療できるのは、眼瞼下垂の中でも、後天性の腱膜性下垂で、軽度なものだけです。先天性下垂や、後天性でも重症な眼瞼下垂は、治療効果が望めません。