脂肪吸引(二の腕・肩)2

脂肪吸引を論じる際に、カニューレという言葉は、一般的に雑誌やインターネット上に登場するようになりました。では、このカニューレの太さと言うものは、実際には一体どのようなものを指しているのでしょう?
2011_1228_124607AA.JPG 2012_0329_144255AA.JPG


通常の、日本国内で医家向けに販売されている脂肪吸引用のカニューレは、ボディーの脂肪吸引用で最大の8㎜、顔面の脂肪吸引用で最小の直径3mmと言った具合に、その間のサイズとして1㎜刻みにサイズが存在します。そして、顔面の脂肪吸引用で最小の直径3mm言うのが、最小カニューレとなっています。この最小の3㎜のカニューレは顔面用ですので、ボディーに使用するにはその長さが短すぎます。したがって、一般的には直径4㎜のカニューレを以て、「細いカニューレ」と呼称しているのが一般的です。また、このときの直径と言うのは内径、つまりカニューレの内側の直径のことです。当然のことですが、カニューレには管の厚みが存在し、それが0.4㎜から0.5㎜あります。したがって、顔面用の3㎜のカニューレと言うのは、外径で言うと、約4㎜ということになります。
つまり、他院において「細いカニューレ」と言った場合には、ボディーの脂肪吸引の場合、一般的には内径で4㎜、外径だと5㎜のカニューレを使用していることになります。しかし当院の極細カニューレで、ボディーでも内径1.6㎜、外径で2㎜のカニューレを使用しています。