ヒップの脂肪吸引 3

ヒップの脂肪吸引を希望される患者さんの主訴には、2つのタイプがあります。
一つは、「ヒップを小さくしたい」というタイプ。もう一つは、「ヒップの垂れを修正したい」と言うタイプです。
2012_0918_122915AA.JPG 2012_1213_111942AA.JPG


ヒップを小さくしたい場合には、前述のように、脂肪吸引をヒップの中央部と上方を除いた部分である、横と下部に限定して行えばいいと言えます。しかし、ヒップが大きく見えてしまっている原因が、実は太ももの外側の皮下脂肪沈着である場合も多くみられます。この場合には、太ももの外側の皮下脂肪に対して脂肪吸引を行う形になります。
ヒップの垂れを治療したい場合には、ヒップが垂れ下がる原因である部分の脂肪を脂肪吸引する形となります。具体的には、ヒップと太ももを分けているシワの、ヒップ側上方の脂肪吸引を行う形になります。しかし年齢的に40歳を超えると、この部分については、脂肪吸引後に皮膚のたるみを生じる場合が散見されます。それを防止するには、現在はプラズマリポを併用して、皮膚のたるみを引き締めてやることが、一つの方法となります。