ヒップの脂肪吸引 4

脂肪吸引後の皮膚のたるみを防止するプラズマリポですが、それが導入される前には、表層脂肪吸引(Superficial liposuction)という方法がありました。
2012_0918_122926AA.JPG 2012_1213_111953AA.JPG


この表層脂肪吸引と言う技術は、1990年代初頭にイタリアの美容外科医であるDr.ガスパロッチによって、提唱された脂肪吸引です。内容としてはその名のごとく、皮膚の直下である浅い層の脂肪吸引を行います。そのことによって、脂肪を吸引された脂肪層の浅層が治癒過程に入り、それに伴って、皮下と皮膚にコラーゲンの増生がはじまり、皮膚が引き締まってくると言うものです。しかし、このテクニックは非常に難しく、熟練が必要で、未熟な医師の手にかかると、修正不能な凹凸を残してしまいます。また、直接皮膚に対して操作を加える物ではないため、その効果も限定的です。しかし、プラズマリポの場合には、脂肪をプラズマ光線で溶かすため凹凸を作ることもなく、さらに皮膚に対して直接作用するため、表層脂肪吸引よりも安全に、脂肪吸引後の皮膚のたるみを防止できると言えます。