足首の脂肪吸引 モニター症例写真 4

このように術後の歩行障害を残さず、しかも効果的に足首の脂肪吸引を行えるためには、やはり器具の選択も重要な要素となります。
 
20140721_103322.JPG 20141020_131422.JPG


前述した通り、足首の効果的な脂肪吸引を行うには、比較的狭い範囲の、少ない脂肪層を、正確に脂肪吸引する必要があります。脂肪層が少ないということは、その範囲もさることながら、その厚みも薄いということです。厚みの薄い脂肪層に対する脂肪吸引で、最も注意が必要なのが、凹凸の発生です。そこで、カニューレ(脂肪吸引管)の太さの違いが、大きく反映されます。脂肪層の厚みの無いふくらはぎに関しては、太ももや腹部よりも、より細いカニューレを使用する必要があり、顔面用に近いものが推奨されます。しかし現状として、一般的には、顔面用のカニューレでも直径が2.5㎜から3㎜です。そこで当院では、ふくらはぎに関しては、直径1.6㎜のカニューレを使用して、術後の仕上がりの段階での凹凸の発生を防ぐとともに、より正確な脂肪吸引を心がけています。