太もも+ヒップの脂肪吸引 フルコース 4

では、広い範囲の脂肪吸引には、どうしても全身麻酔が必要なのでしょうか?答えとしては、全身麻酔が必要なケースは非常に稀です。具体的には、局所麻酔の中でも硬膜外麻酔という麻酔を使用すれば、大半の脂肪吸引が施行可能です。硬膜外麻酔とは、脊椎の硬膜外腔というところに麻酔薬を使用する局所麻酔の方法で、少量の麻酔薬で広い範囲の麻酔が可能です。他科の手術では、無痛分娩などに用いられる麻酔です。この麻酔ですが、背中に針を刺して極細のチューブを挿入し、そこから麻酔薬を注入します。このようにチューブを挿入しておくことで、約1時間おきにこのチューブから麻酔薬を追加することで、長時間の手術でも手術時間中はずっと、完全に麻酔を効かせておくことができます。チューブからの麻酔薬の追加を続ける限り、理論的には無制限に麻酔時間を延ばすことができるのです。もちろん、この麻酔の手技には技術的な熟練が必要なのですが、きちんと麻酔を行うことで、薬剤による中毒を回避しつつ、術中の痛みを完全にとることができます。
2011_0405_115713AA.JPGのサムネール画像 2011_0510_190742AA.JPGのサムネール画像
2011_0705_191217AA.JPGのサムネール画像

2 Replies to “太もも+ヒップの脂肪吸引 フルコース 4”

  1. k より:

    脂肪吸引は広範囲の場合でも全身麻酔を使用しなくてもいいんですね。

  2. dazzle より:

    無痛分娩の時に使用すると聞くと安心感がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。