膝周りとふくらはぎの脂肪吸引 1

ひざ丈までのスカートと言うのは、基本的な長さとしてリクルートスーツなどにも適応される長さです。その長さのスカートを穿いた時には、太ももはそのほとんどが隠れてしまいますが、ふくらはぎと膝は露出されたままです。それらの、ほぼオールシーズンで露出されているふくらはぎと膝は、逆に言うと隠しようのない場所でもあります。これらの見えているところが太いと、見えていない太ももまでが太いと、どうしても想像してしまうのが人間の心理です。したがって、この部分を細くするのは、非常に大切なことでもあります。しかしふくらはぎは、太ももやお腹に比べて脂肪層が薄く、しかも腫れや内出血の消失が遅いという傾向があります。このような部分こそ、できるだけ口径のカニューレを使用して手術を行い、表面の凸凹をつくらないことはもちろん、血管へのダメージを少なくして、術中の出血や内出血をできるだけ抑えることが大切になります。
2011_0405_115807AA.JPGのサムネール画像 2011_0510_191014AA.JPGのサムネール画像
2011_0705_191633AA.JPGのサムネール画像

5 Replies to “膝周りとふくらはぎの脂肪吸引 1”

  1. dazzle より:

    同じ人の足とは思えないぐらいの変化がありますね。

  2. うさぎ より:

    ふくらはぎは隠しようがない場所なので、細くなるとすごく変化した感じがしますね。

  3. 一児の母 より:

    ふくらはぎは筋肉の影響も受けやすいので、ヒザ丈スカートを着るのがイヤですよね。

  4. k より:

    ふくらはぎがかなり細くなりましたね。

  5. 匿名希望 より:

    すごい細くなってますね。
    膝周りも一緒に行うことで、バランスが取れていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。