二の腕・ヒップと太ももの脂肪吸引+脂肪注入でバストの左右差修正 11

では、下腿静脈瘤などで血栓を作りやすいふくらはぎの方が血栓の発生も多く、太ももよりもリスクが高いということになりますが、実際はそうではありません。それが、第2の理由である、脂肪の吸引量の問題があるからなのです。ふくらはぎの場合、脂肪吸引の際には、足首まで手術をしたとしても、ふくらはぎが非常に太くて長い人でも、最大で1000㏄くらいの吸引量です。しかし太ももの場合、3000㏄の吸引量は決して稀なことではありません。吸引量が多いということは、それだけ静脈を含む皮下組織への刺激が強く、しかも広い範囲にわたっているということができます。このように、太ももの脂肪吸引は、ふくらはぎに比べて血栓を作る素地が強く、しかも広範囲にわたっているということができます。
2011_0406_130947AA.JPGのサムネール画像 2011_0802_193024AA.JPGのサムネール画像

6 Replies to “二の腕・ヒップと太ももの脂肪吸引+脂肪注入でバストの左右差修正 11”

  1. dazzle より:

    すごい変化ですねー。

  2. ペコ より:

    この方はかなりすっきりされましたね★

  3. 一児の母 より:

    まるで別人のようですね。
    患者さんも大満足でしょうね。

  4. dazzle より:

    写真の方の吸引量はどのくらいですか?変化が大きいですね。

  5. うさぎ より:

    モニターさん別人みたいになりましたね。

  6. minami より:

    ヒップと太ももで約3000㏄です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。