二の腕・ヒップと太ももの脂肪吸引+脂肪注入でバストの左右差修正 12

そして第3の理由ですが、これは第2に理由でもある吸引量の多さと関係したことなのですが、術後の運動制限からくる問題です。太ももの脂肪吸引の術後は、その吸引量の多さと手術範囲の広さから、他の部分に比べてどうしても痛みが大きい傾向にあります。正確には、吸引量と言うよりも手術範囲の広さからくるものです。
太ももの脂肪吸引の範囲としては、歩行時に屈曲・伸展を繰り返す関節を2つ含みます。股関節と膝関節です。さらに、太ももを含む「脚」は、起立・歩行時には体重を支えることになり、常に筋肉に力が入っている状態になります。これらのことからも、術後の痛みとそれに伴う運動制限は、腹部や二の腕などとは違って、比較的強いものとなるのです。そうすると、どうしても術後は、自分自身で歩行を制限してしまいがちになります。歩行をあまりに制限することは、静脈内の血液の流れが鬱滞しがちになり、血栓の発生素地になるのです。
2011_0406_131002AA.JPGのサムネール画像 2011_0802_193037AA.JPGのサムネール画像

2 Replies to “二の腕・ヒップと太ももの脂肪吸引+脂肪注入でバストの左右差修正 12”

  1. dazzle より:

    確かに脚の運動を制限するのは難しいですね。

  2. うさぎ より:

    脂肪吸引は、とても気になりますが・・・
    痛みは気になるとこですね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。