二の腕・ヒップと太ももの脂肪吸引+脂肪注入でバストの左右差修正 15

では、どのようにしたら、この太ももの脂肪吸引後の静脈血栓症のリスクを少なくできるのでしょうか?簡単に言ってしまえば、術後の痛みを少なくし、圧迫期間をできるだけ短くすることに尽きます。そのためには、以前にも書きましたが、血管や神経などの、脂肪以外の組織にできるだけダメージを与えないことです。そのためには、脂肪吸引にはしっかりと時間をかけて、できるだけ直径の細いカニューレを使用することです。そして、決してスポーツのように力を込めて手術をしないことと、カニューレの先端が振動するような器具を使用しないことです。これらのことを守らないと、脂肪吸引自体が成功しても、術後の痛みを軽くすることができないばかりか、出血量を増やし、術後の圧迫期間を長くすること、さらに、重大な事故を誘発することが多いからです。ここ10年くらいの脂肪吸引による死亡事故は、カニューレの先端が振動する器具を使用したり、スポーツのような乱暴なカニューレの運動により、腹腔内の腸管を傷つけ、腹膜炎で死亡に至った例が多発しているのです。脂肪吸引の合併症としての、腹腔内損傷と静脈血栓をできるだけ防止するには、やはり、できるだけ細いカニューレを使用して、丁寧に時間をかけた手術を行うに尽きるのです。
2011_0406_131111AA.JPGのサムネール画像 2011_0802_193209AA.JPGのサムネール画像

2 Replies to “二の腕・ヒップと太ももの脂肪吸引+脂肪注入でバストの左右差修正 15”

  1. k より:

    カニューレは細く、丁寧な手術が術後のダウンタイムや仕上がりに大きく左右するんですね。

  2. うさぎ より:

    経験がたくさんある先生にしてもらわないと、コワイですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。