太もも外側を中心に強力脂肪溶解注射 3

超音波の次に登場したのは、レーザーを使用した脂肪溶解です。スマートリポという商品で、イタリアのメーカーが発売したものが最初です。
2012_0831_034210AA.JPG 2012_1130_030528AA.JPG


このレーザーを使用した脂肪溶解も、超音波と同じく、やはり脂肪吸引を行う時に、吸引を容易にする目的で使用されることが多いものでした。しかしながら、少量の脂肪であれば、このレーザーのみで溶かして放置しておくことで、脂肪層の厚みの現象が観察されました。これは、超音波と違って、レーザーの場合には、物質によって吸収される波長が異なり、それが脂肪組織と良い具合にマッチしていたのだろうと予想されます。また、超音波とは違って、中に水たまり(セローマ)ができることもありませんでした。ただし、その出力は脂肪組織を効率よく溶解して死滅させるには非常に弱く、分厚い皮下脂肪については、やはり、超音波同様に、レーザー照射後には脂肪吸引が必要でした。