ヒップとその周辺(太もも)の強力脂肪溶解注射 1

強力脂肪溶解注射で、ヒップと太もも上部を集中的に細くしたモニターさんの症例写真です。
2012_0126_164917AA.JPG 2012_0424_161529AB.JPG


術前の様子は、ヒップとともに太ももの上部が、他の部分に比べて皮下脂肪が大量についていて、体型的にバランスの悪い状態になっています。そこで、太ももの外側に通常の倍量(片側2か所分、両側で4か所分)、ヒップにも通常の倍量(片側2か所分、両側で4か所分)さらに、セルライト除去を目的として、太ももの後面に通常量の、合計で10か所分の注射を同時に行いました。効果としては、既製服の選択幅が拡がり、着こなしに関しても自由度が増加したとの感想でした。実際の計測上も、倍量注射の箇所については、皮下脂肪の厚みが、通常の状態よりも多くの減少がみられ、その分、外見上の変化も多く発生しています。一つの箇所につき、通常の倍量の注射ができるのは、そこの箇所の脂肪層が分厚いことと、エリア的にある程度広いことが条件になります。ただし、脂肪層が分厚いということは、とりもなおさず、その部分が太いということでもあり、その分、脂肪溶解を行いたいエリアであるところの、表面積も広いということができますので、それらのことは同じことを指しているということもできます。また、こちらのモニターさんの症例写真は、勿論、強力脂肪溶解注射ですから、処置の回数は1回のみです。