オーソドックスに、バッグによる豊胸術 4

しかし、大胸筋下法での豊胸手術が禁忌の患者さんもいます。
 


3カ月後
具体的には、乳房の垂れ下がりが高度な患者さんです。どれくらいの垂れ下がりが、大胸筋下法の禁忌なのかと言うと、
「乳頭の位置が、乳房下縁よりも下にある患者さん」
です。
この場合、大胸筋下法で豊胸手術を行うと、乳房の下が2段になり、鏡餅の飾りのようになってしまいます。このような場合には、大胸筋の上に、比較的大きめで、高さのあるバッグを挿入し、乳頭をしっかりと前に突きだすような手術を行う必要があります。

One Reply to “オーソドックスに、バッグによる豊胸術 4”

  1. 匿名希望 より:

    施術を受ける人の乳房の状態で、処置の内容なども変わってくるんですね。

コメントは受け付けていません。