頬骨縮小で卵形の輪郭に 1

卵形の輪郭を求めて、頬骨と、エラから顎の骨の手術を受けたモニターさんです。術前の骨ばった輪郭は改善され、顔が一回り小さくなりました。
20130302221005.JPG 20130604042612.JPG


卵形の、女性らしい輪郭を求める時には、邪魔になるのはやはり頬骨とエラ・またはアゴの幅です。頬骨が突出していると、その部分に角がある状態になり、いわゆる「ごっつい」印象の輪郭になってしまいます。また、エラの張り出しは、正面から見たときには、そのほとんどは隠れていることが多いのですが、少し斜めになった時には、その角張った状態が見えるため、やはり男性的な印象の輪郭を作ってしまいます。さらに、顎が太いと、四角い輪郭に近くなるなど、美的感覚からすると、あまり美しい状態ではないと言えます。これら、頬骨・えら・顎の幅と言ったものは、張り出していると、男性的または原始的な輪郭を形成します。これらについては、一般的に口の中の切開や、髪の中の小さな切開線からアプローチ可能なため、女性らしい卵形の輪郭を作成するのに、非常に有効な手段であるということができます。