頬骨縮小で卵形の輪郭に 5

頬骨弓の手術を希望される方のなかには、もみあげの前方、つまり頬骨弓の後ろの部分の張り出しが大きく、前方はむしろ張り出しが足りない場合もあります。
20130302221104.JPG 20130604042659.JPG


この場合には、頬骨弓前方の骨の切除は行わず、切れ込みを入れ、頬骨弓後方の骨を切除します。そして、頬骨弓の後方を内側に押し込むようにして移動させ、固定します。この場合にも、術後早期に、もみあげの近くを指で触れると、骨の段差を感じることがありますが、その段差は次第に滑らかになっていきます。指で触れる程度の段差があっても、外見上は、ほとんどわからない状態です。
このように、頬骨と言っても、色々なタイプがあり、それらに最も適した手術法が存在します。どの手術法が最も適しているかは、やはり診察の上でないと、はっきりとは言えないのが現実ですが、大きな効果を狙うのであれば、やはりこれまでの説明の通り、削るという手術ではなく、骨を移動させる方法になるのは、すべて共通です。