顎を小さく短く+左右差の修正 症例写真 3

顎を短くしたい、あるいは引っ込めたいという患者さんの場合には、顎先の問題ではなく、受け口を伴う歯並びが原因の場合が散見されます。
2014_07_07_104548.JPG 2014_10_20_164606.JPG


受け口が原因の場合には、顎先自体はそんなに問題がないにもかかわらず、受け口の症状によって、顎が長く見えている場合が多いと言えます。つまり、受け口の人特有の下あごの形が、顎を長く見せてしまっているということです。その場合には、受け口の手術を受けたほうが、顔面のバランスがより整った状態で、術後の仕上がりを迎えることができます。
具体的にどういうことかと言うと、受け口の症状のある方は、下唇のすぐ下の部分に陥凹がなく、前に突き出した状態であるということです。このことで、正面から見ると、下唇と顎先の間に影ができず、顎が前に突き出して見えたり、長く見えたりするということになります。
こちらのモニターさんは、幸いにして受け口の症状はなく、咬み合わせの問題がなく、歯並びもきれいな状態でしたので、顎先の手術と顎の骨自体の幅の修正手術にて、対応が可能でした。