ホーム > 顎のモニター症例写真 > 顎の短縮・縮小+先端への骨移植 2

顎の短縮・縮小+先端への骨移植 2

実は、このモニターさんの主訴は、顎が長いということでした。
しかし、実際に計測してみると、術前の鼻の下から唇の中心までの距離と、唇の中心から顎先までの距離の比率は、正面から見て、理想的とされる1対1.7と言う比率から大きく乖離しているわけではありません。
そこで、顎を長く見せている、顎の先端の幅を主体に、手術を計画しました。
 
術前
2016_0304_130847AA.JPG
 
術後1か月
2016_0415_012546AA.JPG
 
術後3か月
2016_0610_012723AA.JPG


関連記事

  1. 顎の短縮・縮小+先端への骨移植 2

    実際には長いわけでなくとも、顎の先端の幅が広いと、顎自体が長く見えてしまう。

  2. 顎の短縮・縮小+先端への骨移植 1

    顎の手術で、短縮・縮小と同時に、その骨を使って、先端に移植を行ったモニターさん。

  3. 顎を小さく短く+左右差の修正 症例写真 5

    顎を短くしたり小さくしたりする手術の場合には、オトガイ神経と歯根の損傷に注意する必要がある。歯根の損傷は、注意によって回避できるが、オトガイ神経については、ある程度の割合で発生してしまうことがある。

  4. 顎を小さく短く+左右差の修正 症例写真 4

    顎の長さというものにも個人差があり、どこまでが正常でどこからが異常なのかは、あくまでも患者さん本人の美的感覚によるところが大きい。

  5. 顎を小さく短く+左右差の修正 症例写真 3

    受け口の症状を合併している場合、唇の下に影ができないことが、下あごが突出した印象を与えていることが多い。

  6. 顎を小さく短く+左右差の修正 症例写真 2

    顎の長さや左右差の修正には、切除幅の決定に関して、手術の仕上がりの立体的な考察が必要になる。

  7. 顎を小さく短く+左右差の修正 症例写真 1

    顎先の修正を希望している場合でも、顎先のみの手術では、全体の輪郭が美しく仕上がらない場合がある。その場合には、その周辺の手術を同時に考慮する必要がある。