頬の前方に脂肪増殖注射 1

脂肪増殖注射を、頬の前面に注射したモニターさんです。いわゆる「ゴルゴ線」など、頬の前面の老化現象の解決のためです。
2011_1214_234532AA.JPG 2012_0310_231943AA.JPG


頬の前面と言うのは、目の下と同様に、また、目の下の続きであるが故に、どうしても加齢による形態の変化が出やすいところです。この部分は、加齢とともに張りを失い、皮膚と皮下脂肪が下の方向に下がってくるところで、それが目の下のクマ状の溝や、いわゆる「ゴルゴ線」と呼ばれる鼻頬溝の直接的な原因となります。また、鼻唇溝(ホウレイ線)についても、この部分の皮膚の張りがなくなることで、皮膚が口元の上に重なってきて、鼻唇溝(ホウレイ線)が深くなってきます。このように、この部分の脂肪が萎縮し、張りを失って皮膚とともに下がってくることで、顔貌に対して様々な老化の現象を発生させるということができます。