頬の前方に脂肪増殖注射 2

頬の前面の部分の脂肪は、若い時には「タコ焼き」などと言って、その年代では嫌がられることが多いと言えます。
2011_1214_234542AA.JPG 2012_0310_231953AA.JPG


しかし、その「タコ焼き」が、実は若く見える重要な要素であったことに気付く頃には、時すでに遅しと言うことが少なくありません。実はこの「たこ焼き」なのですが、加齢とともに老化を出してしまう要素とは、少しだけ違いがあります。「タコ焼き」自体は、加齢とともに萎縮して張りを失い、「ゴルゴ線」や鼻唇溝(ホウレイ線)を深くしてしまう部分の脂肪隗を含んではいますが、必ずしもイコールではありません。「タコ焼き」といって、ふざけて人差し指と親指の付け根でつまんでいた脂肪は、よく考えてみると、目尻の下の部分だったのではないでしょうか?加齢とともに萎縮して張りを失い、「ゴルゴ線」や鼻唇溝(ホウレイ線)を深くしてしまう部分の脂肪隗は、それよりも内側の鼻に近い部分の脂肪隗のことで、目の真下で頬の前方に位置する脂肪のことです。ふざけてつまんでいた目尻の下の部分は、この脂肪隗を含んではいますが、それらがすべて、この、加齢とともに萎縮して張りを失い、「ゴルゴ線」や鼻唇溝(ホウレイ線)を深くしてしまう部分の脂肪隗というわけではないのです。