頬の前方に脂肪増殖注射 3

若い時には、目尻の下の部分を大きく摘めば、そのに「タコ焼き」のような丸みができて、それを嫌がるのは、ある程度自然なことです。
2011_1214_234559AA.JPG 2012_0310_231901AA.JPG


しかし、この「タコ焼き」の中には、失ってはならない脂肪も含まれているということを認識する必要があります。もし、「タコ焼き」が嫌で、その部分の脂肪を取りたいと考えているなら、目の下の部分の頬の前方の脂肪には手を付けず、目尻の下よりも外側の脂肪に限定して脂肪を取るべきだと考えます。具体的には、目尻と鼻翼(小鼻)の一番下の部分を結んだ線よりも、外側のみを取るということです。この線よりも内側は、脂肪を失うと、前述のように、鼻頬線(ゴルゴ線)や鼻唇溝(ホウレイ線)が深くなってしまいます。つまり、老け顔になってしまうということです。