頬の前方に脂肪増殖注射 5

そこで脂肪増殖注射なのですが、これは、ヒアルロン酸注射のような手軽さで、顔面の脂肪の増量が図れます。
2011_1214_234606AA.JPG 2012_0310_231922AA.JPG


脂肪増殖注射と言うと、よく脂肪注入と間違える患者さんがいますが、全く違ったものだと認識していただきたいと思います。まず、脂肪増殖注射には、脂肪吸引の過程が不要です。脂肪注入の場合には、注入するための脂肪を取ってくる必要がありますが、脂肪増殖注射の場合には、成長因子によって、注射した部分の脂肪組織を増殖させる技術ですので、脂肪を取ってくる必要がなく、脂肪吸引が不要です。また、脂肪注入のように、注射した後の腫れが長引くこともありません。翌日には、普通にお化粧をすれば、大半の場合には、通常の生活に支障はありません。つまり、脂肪注入とは違って、術後の痛みや腫れが全くと言っていいほど存在しないということです。
さらに、脂肪増殖注射は、ヒアルロン酸の注射とも違って、その効果が長持ちします。いや、長持ちと言うよりも、効果が一生継続すると言ってもいいでしょう。それは、一度増殖させた脂肪は、その体積を変化させるのは、加齢に伴う脂肪の委縮のみだからです。つまり、年齢による変化を止めることはできないため、脂肪増殖注射の効果を永久と言うのは憚られますが、効果そのものは一生ものであるということができます。