頬から目の下にかけて脂肪増殖注射の症例写真 1

頬全体と目の下に脂肪増殖注射を行ったモニターさんの症例写真です。頬の前方からと目の下にかけてと、頬の側面の、合計2か所分の処置です。
2011_0705_174215AA.JPG 2011_0803_190511AA.JPG


脂肪増殖注射は、読んで字のごとく、脂肪組織を増殖させる注射です。この注射には、脂肪組織を増殖させるための成長因子を配合しており、それを皮下脂肪層に注射することによって、皮下脂肪の厚みを増加させる働きをさせます。注射直後には、やや不均等な印象があるかもしれませんが、それも翌日にはほぼ収まっており、完成形の目安を見ることができます。しかし、この脂肪増殖注射は、ヒアルロン酸やレディエッセ等のように、何かを注入してその注入した物の体積で皮下脂肪層を膨らませるというものではありません。あくまでも、そういった異物ではなく、本人の脂肪組織が分厚く変化してくるというものです。したがって、処置の翌日以降には、約1週間かけて、注射した個所の状態は、一度元の状態に戻ります。そしてその後、徐々に皮下脂肪の増殖が始まり、約2カ月かけて、ゆっくりと目標に向かって、効果が進行していきます。