脂肪増殖注射~fat proliferative injection (Upper lip and Marionette line)~上唇・マリオネットライン 5

年齢とともに出てくる顔面の変化は、たるみという風に表現され、一般的には皮膚の下がりという意味合いで使用されることが多いのが現状です。
LIPP5.JPGのサムネール画像 LIPPA5.JPGのサムネール画像


もちろん、皮膚の下がりというのは、タルミの重要な要素として存在するのですが、この、皮膚のすぐ下にある、脂肪層の変化も、見逃すことのできない要素です。脂肪層のうち、特定の部分の脂肪が萎縮し、また、特定の部分に脂肪が沈着すると、皮膚の下がりとしてのたるみを強くしてしまうばかりか、その形自体がたるんだ印象を出してしまうことになります。
基本的に、ホウレイ線の内側の唇の周囲は、脂肪が萎縮してくる部分です。したがって、この部分の脂肪を増やしてやることは、タルミの改善とカモフラージュに、非常に有効な手段でもあるわけです。反対に、ホウレイ線の外側や、マリオネットラインの外側は、脂肪が沈着してくるところですので、この部分は脂肪溶解注射やプラズマリポで、脂肪を減らしてやるといいでしょう。

One Reply to “脂肪増殖注射~fat proliferative injection (Upper lip and Marionette line)~上唇・マリオネットライン 5”

  1. nursing assistant より:

    Valuable info. Lucky me I found your site by accident, I bookmarked it.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。