脂肪増殖注射で、こめかみと頬の前面を若返り 1

脂肪増殖注射を、こめかみと頬の前面(目の下からゴルゴ線)に行ったモニターさんです。
2010_1128_013519AB.JPGのサムネール画像 2010_1207_015310AA.JPGのサムネール画像


この範囲だと、合計でおよそ10cc分の増殖を行っています。脂肪増殖注射ですから、脂肪を採取する必要がありません。つまり、脂肪吸引が不要です。脂肪を増殖させるのは、注射液の中の成長因子(細胞増殖因子)です。この成長因子(細胞増殖因子)には、たくさんの種類があり、その組み合わせと量によって、いろいろな働きが発揮されます。まちがった配合を行えば、逆に脂肪が萎縮してしまったり、皮膚にたるみやシミを作ってしまうこともあります。当院では、そのようなことがないような成長因子の組み合わせと量を研究し、この、脂肪増殖注射を完成させました。
術後には、ふっくらとした若々しい風貌と同時に、シミまで消失しています。シミが消失した理由としては、配合した成長因子のうち、皮膚の正常化に働くものも配合されているためだと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。